■ウミガメ調査プロジェクト~Borneo Divers Celebration of Sea Turtles

2016 9月 27

スライドショーには JavaScript が必要です。

ボルネオゾウやオランウータンなどと同じく、その数を年々減らしているウミガメ。
サバ州があるボルネオ島周辺の海域には、animal_umigame_ao.pngアオウミガメanimal_umigame_taimai.pngタイマイが多く生息していますが、乱獲やゴミ(ロープやプラスチックバック、釣り糸や魚網他)に絡まったり飲み込んでしまうことにより死亡、そして海面を行き交う船のスクリューで傷付いたり・・・と、他の生き物達と同じく人間によりその命を落としています。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 6月 10

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:42 NEW!!
2016年6月10日付

収穫祭のお祭りに沸いた5月が終わり、6月に入りイスラム教の行のひとつである断食月間のラマダンを迎えています。ひと月の間、家族と共に浄化の行を静かに行います。断食月間の後は、“バリック・カンプン”(帰省、里帰り)し、断食明けの “ハリ・ラヤ”を、家族や親族とハリ・ラヤならではのご馳走と共に祝います。その様子は、サバ州政府観光局のウエブサイトにてご覧下さい。

安全対策更新情報:
4月に発生したマレーシア海域とフィリピン海域境界線近くのリギタン島近海にて、マレーシア船籍荷船のマレーシア人船員4名が、アブ・サヤフグループと見られる集団に誘拐された事件は、人質全員が無事に開放され家族との再会を果たした。開放された人質の健康状態に問題は無く、迎えに来た家族と共に帰途に付いた。

サバ州政府保安委員会は、マレーシア海域における無許可の航行を阻止する為、ESSZONE エリア内の貿易港における積み替えを含めた交易活動を、一時的に禁止することを決定した。この決定された法律は、サバ州東海岸地域における違反行為全てに対して施行される。 続きを読む »


■ワールド・マブール・タートルデー2016①~World Mabul Turtle Day 2016 Part1

2016 6月 2

写真 5 (25)

5月3日~8日、マレーシア・ボルネオ島・サバ州東海岸のダイビングのメッカ・マブール島にて、ウミガメ保全のイベントが開催されました。

写真 (1)

マブール島は、東海岸のタワウ空港から陸路で約1時間半、センポルナと言う港町からボートで1時間弱の漁民の島です。世界的に有名なシパダン島から全てのダイブ・リゾートを撤去し、こちらのマブール島にダイビングの拠点が移りました。

フィリピンとの海境に近い為、時々誘拐事件が起こります。 サバ州政府並びにマレーシア政府は、この海域の島々に、海軍、サバ州東部セキュリティー司令部、警察を配備し、24時間厳しい警備を行っています。
島にあるリゾートやダイビングロッジは、欧米やオーストラリア、アジアからのダイバーでいっぱいでした。

日本の外務省は、この地域にレベル3の「渡航中止」勧告を出していますので、渡航の際は、万が一に備えてたびレジへの登録を。この地域に限らず、海外に行かれる際には、登録をおすすめします。 今の世の中、どこでナニが起こるかわかりませんからね。

写真 4 (26)

スピード・ボートで、全員オールバックの髪型になった頃に、マブール島のボルネオ・ダイバースに到着です。
圧倒される青空と青い海。 そして迎えてくれる人達の弾けるような笑顔。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Saabah Advisory

2016 4月 25

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:41 NEW!!
2016年4月25日付

サバ州東海岸では、つい最近二つのイベント~レガッタ・レパそしてアンザックデーが行われ、地元の人々をはじめ多くの海外からのお客様をお迎えしました。

レガッタ・レパは、シパダン島、マブール島、カパライ島などのダイビング・トリップへの玄関口となる港町・センポルナで毎年開催されるお祭りで、海と共に生きるバジャウ族伝統のカラフルなボートが海と空を彩り、多くのビジターで溢れかえりました。アンザックデーは、オーストラリアのカレンダーに記されている戦没者追悼記念日で、毎年サンダカンにて夜明けと共に慰霊祭が行われます。

安全対策更新情報:
サバ州政府は、外国人使用のパンプ・ボート(小さなエンジン付きのアウトリガー・カヤック)の、ESSZONE海域での使用禁止法令を発令する。マーシア人使用のパンプ・ボートは、対象外となり、この法令は来年1月まで厳しく施行される。政府は更に、米国より多目的武装調査ヘリを購入し、東海岸のセキュリティー強化を図る。

サバ州政府保安委員会は、マレーシア海域における無許可の航行を阻止する為、ESSZONE エリア内の貿易港における積み替えを含めた交易活動を、一時的に禁止することを決定した。この決定された法律は、サバ州東海岸地域における違反行為全てに対して施行される。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 4月 18

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:40NEW!!
2016年4月18日付

 

先週の金曜日、フィリピンとサバ州の境界近くの公海にて、インドネシアのタグボート(荷船)の船員10名の内4名が、アブサヤフと思われる武装集団に誘拐されました。残る6名は、マレーシア保安軍により救出され、人道的支援が行われました。サバ州警察局本部長によると、国境境界を越えた犯罪は現在、低速度で航行し進入が容易な荷船をターゲットとする戦術に移行していると考えられます。警察局は、インドネシア保安軍と協力・調整をし、誘拐事件解決の為の捜査を行います。

フィリピンとサバ州の境界がある公海は、サバ州の州都であるコタキナバルから約600km離れた東海岸のセンポルナから、ボートで約3時間の位置にあります。

2016年4月2日、マレーシア海域とフィリピン海域境界線近くのリギタン島近海にて、マレーシア船籍荷船のマレーシア人船員4名が、アブ・サヤフグループと見られる集団に誘拐されました。事件は、サバ州の州都コタキナバルから約600キロ離れた東海岸のセンポルナから、ボートで約3時間かかるセレベス海リギタン島近くの無警戒な公海にて発生しました。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 4月 5

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:39 NEW!!
2016年4月6日付 

 Kopivosian and Greetings from Sabah!

2016年4月2日、マレーシア海域とフィリピン海域境界線近くのリギタン島近海にて、マレーシア船籍貨物船のマレーシア人船員4名が、アブ・サヤフグループと見られる集団に誘拐されました。

事件は、サバ州の州都コタキナバルから約600キロ離れた東海岸のセンポルナから、ボートで約3時間かかるセレベス海リギタン島近くの無警戒な開放水域にて発生しました。

サバ州政府保安委員会は、マレーシア海域における無許可の航行を阻止する為、ESSZONE エリア内の貿易港における積み替えを含めた交易活動を、一時的に禁止することを決定しました。この決定された法律は、サバ州東海岸地域における違反行為全てに対して施行されます。

ESSCOM は、アイランド・リゾートの警備強化を再確認しました。沖合3海里海域における夜7時から朝5時までの夜間航行禁止令は、ESSCOM により制定され施行されています。
アイランド・リゾートに滞在の観光客が事件に巻き込まれたと言う情報は無く、予約キャンセルも一切入っていません。

ESSCOM (サバ州東部セキュリティー司令部)について:
マレーシア政府は、サバ州東海岸(サバ州北部クダッ地方からインドネシア国境近くのタワウ地区まで拡張)地域をサバ州東部セキュリティーゾーンと称し、保安部隊活動の為のサバ州東部セキュリティー司令部ESSCOMを設立しました。
続きを読む »


■ウミガメ調査&保護プロジェクト in マブール島②~Borneo Diver’s Celebration of Sea Turtles in Mabul-Part 2

2016 1月 6

bd3

このプロジェクトでは、マレーシア大学サバ校ボルネオ・マリーンリサーチ・インスティテュートの教授Dr Pushpaが中心となり、研究員や学生、ダイブ・リゾートからはインストラクターやダイブマスター、リゾートのゲスト&ボランティア・ダイバー他、多くの人々が参加して、マブール島海域に生息するウミガメの調査を行います。

bdt3

この海域に生息する主なウミガメは2種類。
これは、ホークスビル・タートル~タイマイです。日本では、近年まで鼈甲細工(べっこうざいく)の為に甲羅が利用されて数が減り、近絶滅種となっています。

bdt2

こちらは、グリーン・タートル~アオウミガメです。
この種は、主に海草を食べその色素が沈着した体の中が緑色なので、グリーン・タートルと言う名が付きました。
続きを読む »