■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2017 1月 9

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:47 NEW!!
2017年1月9日付

サバ州の観光業界は、活気溢れる2017年の幕開けとなりました。今月、航空会社2社の、サバ州コタキナバル国際空港乗り入れ開始が発表されました。マリンドエアは、台湾の台北⇔コタキナバル、廈門航空は、中国の福州⇔コタキナバルのいずれも直行便を今月就航します。

これらの新しい路線の就航開始は、酉年となる中国正月の祝賀&ホリデーシーズンのピークに当たり、サバ州中の多くのホテルがピークとなり賑わう事でしょう。この2つの航空会社の乗り入れで、サバ州・コタキナバル国際航空に乗り入れる直行便は、17路線となります。

昨年10月までの統計では、一昨年の同時期よりも7.2%増加の262万1000人を超える国内&国外からの観光客の方々がサバ州を訪れました。韓国、中国、台湾そして日本から207機(一昨年同時期134機)のチャーターフライトが、合計2万5千137人の乗客を乗せてコタキナバルに飛んで来ました。 サバ州の観光業界は、中国正月のホリデーシーズンを迎え、ホテルは満室&ますます忙しく活気に満ちています。
祭事やイベントの詳しい情報は、観光局ウエブサイト並びにソシアルメディアにてご確認下さい。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 11月 10

サバ州渡航安全情報45 NEW!! 
2016年11月8日付

サバ州は、今月もイベントやセレブレティーの訪問でますます活気に溢れています。11月は、ネオンキラキラのボルネオン・ラン・イベントでは、5000名ものランナーが集り、アフター・ランのイベントでは、K-ポップやアメリカのアーティストのコンサートで大盛り上がりでした。また、サバ州イースト・コーストについてより多くの人々に知ってもらうため、マレーシアのセレブレティーが、サンダカンを訪問しオンライン・キャンペーンを行いました。サバ州は、マレーシアのスリラー映画の他、多くのテレビや映画の撮影のホストしています。

海外からインターナショナルなソシアル・メディアの訪問も多く、現在日本から女性のフード・ファイターがサバ州・コタキナバルを訪れ、シーフードを始め美味しいものをたくさん食べて発信中です。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 9月 15

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:43 NEW!!
2016年9月15日付

この数ヶ月のサバ州はハリ・ラヤのお祭りムードに始まり、KKジャズフェスティバル、リズム・オブ・キナバル(ROK),東海岸側ではサンダカンでのリズム・オブ・リンバ(ROR)などの楽しいイベントが盛りだくさんでした。 サバ州政府観光局は、老人医療協会、東方地域都市計画住宅機構世界大会、800名もの出席者があった北ボルネオ創傷ケア会議などの国際会議をサポートしました。

またUKの士官学校学生達のサンダカン・死の行進のルートを辿る1週間に渡るウォーク、2300名もの乗員乗客を乗せたサン・プリンセス・クルーズを、コタキナバルにお迎えしました。
過去3ヶ月間にサバ州を訪れた海外からのお客様は大きく増加し、1月から6月までの間に155万8千人もの海外&国内からの観光客の方々がサバ州を訪れ、昨年の同じ時期に比べると、3.7%も増えました。

サマーホリデー・シーズンの間は、旅行業界も大変忙しく各ホテルもほぼ連日満室状態が続きました。 今年に入って半年の間、韓国、中国、台湾などから89を数えるチャーター・フライトが飛び、1万1千名の方々がコタキナバルに降り立ちました。チャーター・フライト数は、昨年の同じ時期に比べると、13上回っています。
今月は、新たに春秋航空の深-コタキナバル便が就航します。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 6月 10

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:42 NEW!!
2016年6月10日付

収穫祭のお祭りに沸いた5月が終わり、6月に入りイスラム教の行のひとつである断食月間のラマダンを迎えています。ひと月の間、家族と共に浄化の行を静かに行います。断食月間の後は、“バリック・カンプン”(帰省、里帰り)し、断食明けの “ハリ・ラヤ”を、家族や親族とハリ・ラヤならではのご馳走と共に祝います。その様子は、サバ州政府観光局のウエブサイトにてご覧下さい。

安全対策更新情報:
4月に発生したマレーシア海域とフィリピン海域境界線近くのリギタン島近海にて、マレーシア船籍荷船のマレーシア人船員4名が、アブ・サヤフグループと見られる集団に誘拐された事件は、人質全員が無事に開放され家族との再会を果たした。開放された人質の健康状態に問題は無く、迎えに来た家族と共に帰途に付いた。

サバ州政府保安委員会は、マレーシア海域における無許可の航行を阻止する為、ESSZONE エリア内の貿易港における積み替えを含めた交易活動を、一時的に禁止することを決定した。この決定された法律は、サバ州東海岸地域における違反行為全てに対して施行される。 続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Saabah Advisory

2016 4月 25

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:41 NEW!!
2016年4月25日付

サバ州東海岸では、つい最近二つのイベント~レガッタ・レパそしてアンザックデーが行われ、地元の人々をはじめ多くの海外からのお客様をお迎えしました。

レガッタ・レパは、シパダン島、マブール島、カパライ島などのダイビング・トリップへの玄関口となる港町・センポルナで毎年開催されるお祭りで、海と共に生きるバジャウ族伝統のカラフルなボートが海と空を彩り、多くのビジターで溢れかえりました。アンザックデーは、オーストラリアのカレンダーに記されている戦没者追悼記念日で、毎年サンダカンにて夜明けと共に慰霊祭が行われます。

安全対策更新情報:
サバ州政府は、外国人使用のパンプ・ボート(小さなエンジン付きのアウトリガー・カヤック)の、ESSZONE海域での使用禁止法令を発令する。マーシア人使用のパンプ・ボートは、対象外となり、この法令は来年1月まで厳しく施行される。政府は更に、米国より多目的武装調査ヘリを購入し、東海岸のセキュリティー強化を図る。

サバ州政府保安委員会は、マレーシア海域における無許可の航行を阻止する為、ESSZONE エリア内の貿易港における積み替えを含めた交易活動を、一時的に禁止することを決定した。この決定された法律は、サバ州東海岸地域における違反行為全てに対して施行される。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 2月 22

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:38 NEW!!
2016年2月22日付

 Kopivosian and Greetings from Sabah!

今年はサバ州にとっては大変幸運な年です。申年となった今年、サバ州、マレーシアそして世界中のチャイニーズが、2月8日から2月22日までの中国正月を猿と共に祝福し、サバ州の霊長類について多くの方が関心を寄せる事なっているからです。

サバ州に生息する霊長類で世界的に有名なのが、森の人と言う名を持つオランウータン、そして好色なテングザル。他にも地上に降りる事無く一生を樹上で暮らすテナガザルは2種類おり、ニシメガネザルスローロリス、クリイロリーフモンキー、シルバーリーフモンキーやブタオザル、カニクイザルなど固有種を含む珍しい霊長類が多く暮らしています。
サバ州の自然の中で暮らす彼らに、是非会いにいらして下さい。

キナバル公園は、2000年にマレーシア初のユネスコ世界遺産に認定されました。この自然公園には、珍しい動植物が数多く生息しています。
2015年の6月に発生した地震被害により閉鎖されていた登頂登山ルートは、新しくラナウ・ルートが作られ昨年12月1日に登頂登山が再開されました。現在新たにコタブルッ・ルートが作られており、今年4月に開かれる予定です。
この2つの新しいルートは、アメリカ、カナダ及び日本の山岳専門家の協力によって調査・開発され、山岳ガイド、ポーター及び地元村民により作業が行われました。
登山再開の後世界中から続々と登山者がやって来ており、現在は長い順番待ちができている状態です。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2015 11月 19

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory: 37
2015年 11月 19日

Kopivosian and Greetings from Sabah!

 今年も終わりに近づき、サバ州政府観光局は、サバハン(サバ州の人々)、マレーシアン、そしてサバ州と友好的な関係にある近隣諸国及び諸外国の皆様に、様々な問題が起こったこの1年間、ご理解と温かいサポートを頂いた事に感謝を申し上げます。
“Mount Kinabalu Standing Strong” (キナバル山は強く聳え立ち続ける)と言う合言葉の元、サバ州は、全てのビジターを温かくお迎えしながら困難に立ち向かい続けました。
続きを読む »