■マレーシアの日本語情報誌・セニョ~ム11月号~Senyum Nov Issue

2016 11月 4

unnamed (7).jpg

senyum-title-10
セニョームSenyumは、マレー語で「微笑み・笑顔」の意味。

マレーシア在住の日本人、ロングステイヤー、マレーシアに旅行に来る人に役立つ情報がたくさん載っています。

今月11月の特集は、
「キナバル山 新ルートの魅力」Mt.Kinabalu Ranau Route

昨年12月1日に再開されたキナバル登山の、新しい登山路“ラナウ・ルート”その魅力をお伝えしています。半島マレーシアからキナバル登山に来る場合の、理想的な日程の提案も!
インフォメーション・カウンター脇のラックにて、配布中!
続きを読む »


■マウンテン・ジャーナル/キナバル山(前編)(後編)~Karrimor Mountain Journal Mt.Kinabalu vol.1&2

2016 8月 19

 

★top_DSC00075-984x490
mountain journal vol.11 MT.KINABALU キナバル山(前編)

19_OM030603_1-984x490mountain journal vol.11 MT.KINABALU キナバル山(後編)

アウトドア・ブランド Karrimorカリマー、マウンテン・ジャーナルの海外取材は、マレーシア・ボルネオ島・サバ州の高峰キナバル山
続きを読む »


■キナバル山新ルート“コタブル・ルート”レポートその1~Kota Belud Route Report Part 1

2016 7月 29

k1.jpg

マレーシアの最高峰、4095,2mのキナバル山。
昨年6月に発生した地震被害から半年後、新しい登山ルートのラナウルートが開設され、1日130名限定の登山には、連日世界中から登山愛好家が訪れています。

そして今年8月(又は9月)には、新たにエキサイティングなルートが開かれようとしています。

kinabaru_map3-11.jpg

新しくオープンするルートは、コタブル・ルート Kota Beludです。

出発地点は、多くの登山者が宿泊するステラ・サンクチュアリ運営のラバン・ラタ山小屋裏。
現在も、ボード・ウオークとプラットフォームの造設が進められています。
k2.jpg

k3.jpg

スタート地点から、ごろごろと大きな岩が。これは、昨年の地震の際頂上付近の大きな岩が折れて崩落したものです。

k4
続きを読む »


ミニくまちゃん、標高4095mの世界遺産へ〜マレーシア・ボルネオ島サバ州の旅3

2016 6月 23

マレーシア・サバ州観光大賞2015 メディア部門最優秀海外記事賞受賞者のミニくまちゃんが、再びキナバル山を登りました。
編集者小林昴祐氏の写真もステキです。
続きを読む »


ミニくまちゃん、標高4095mの世界遺産へ〜マレーシア・ボルネオ島サバ州の旅2

2016 6月 15

 

マレーシア・サバ州観光大賞2015 メディア部門最優秀海外記事賞受賞者のミニくまちゃんが、再びキナバル山を登りました。
大雨に降られながら、巨大ヒルと出会ってしまったミニくまちゃん。。。

ミニくまちゃんhttp://www.kumayama.com/archives/8481153.html


■[N]ネタフル/2年半ぶりにコタキナバルへ!4,000m級のキナバル山登山に挑戦してきます 〜準備編

2016 6月 1

Kota-Kinabalu-f1612
●5月15日~20日、日本の人気 ソシアルメディ・ライター、ライター&エディターが、サバ州の水深15mの海から標高4,095mのキナバル山まで駆け巡りました。
続きを読む »


■キナバル山新ルート~Mt.Kinabalu New Rout-Stairs

2016 3月 2

kinabaru_map3 (1)
キナバル山は、標高4,095.2m.
昨年12月に、新ルートでの登頂登山が再開されており、続けて行われていた新しい階段の増設作業も完了しました。RANAUラナウ・ルートです。

写真 1 (34)
登頂時は、ラバン・ラタ(山小屋、標高3,273m)ロッジを、夜中の2時半に出発するので、真っ暗で写真が撮れません。
ラバン・ラタ山小屋から最後のチェックポイント、サヤッ・サヤッ小屋までを下山時の写真を遡って紹介します。(この日は曇り、霧・・・)#SabahChat

写真 5 (12)

途中、地震で崩れた山肌(白く見える)が見えます。
続きを読む »