■キナバル山新ルート“コタブル・ルート”レポートその1~Kota Belud Route Report Part 1

2016 7月 29

k1.jpg

マレーシアの最高峰、4095,2mのキナバル山。
昨年6月に発生した地震被害から半年後、新しい登山ルートのラナウルートが開設され、1日130名限定の登山には、連日世界中から登山愛好家が訪れています。

そして今年8月(又は9月)には、新たにエキサイティングなルートが開かれようとしています。

kinabaru_map3-11.jpg

新しくオープンするルートは、コタブル・ルート Kota Beludです。

出発地点は、多くの登山者が宿泊するステラ・サンクチュアリ運営のラバン・ラタ山小屋裏。
現在も、ボード・ウオークとプラットフォームの造設が進められています。
k2.jpg

k3.jpg

スタート地点から、ごろごろと大きな岩が。これは、昨年の地震の際頂上付近の大きな岩が折れて崩落したものです。

k4
続きを読む »


■オーストリッチ・ビレッジ(リバークルーズ)~Ostrich Village Lodge-Kota Belud-Part1

2015 3月 5

OV
コタキナバルから北へ約1時間半。
大青空市場タムー・バサールで知られるコタ・ブルッの街は、陸に上ったバジャウ族が多く暮らしています。
海に近く、豊かなマングローブが茂る汽水域を持つコタ・ブルッのカワン・カワン川は、新たなリバークルーズの場所として、人気が上ってきています。30以上もの民族が暮らすサバ州の中でも少数民族グループと言えるイラヌン族も、この地に多く暮らしています。

そのイラヌン族の人々が始めた、リバークルーズ(テングザルや蛍鑑賞など)ツアーや、宿泊施設を持つオーストリッチ・ビレッジを訪ねました。
以前、オーストリッチ・ファーム(駝鳥)が在った場所なので、この名前が付いていますが、駝鳥は一匹(一頭?)もいません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この施設でユニークなのが、イラヌン族やバジャウ族の文化を紹介したギャラリー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

武器とか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結婚式のセッティングとか。
続きを読む »


■カダイク今月のおすすめ♪~Products of the Month at KADAIKU

2012 10月 5

サバ州政府観光局直営のスーベニア・ショップ“カダイク” Kadaiku。
カダイクとは、「私のお店」という意味です。
カダイクでは、サバ州内で生産された良質のお土産品を販売しています。

今月のカダイク特選のお勧めは、

「カイン・ダスター製ハンドバッグ」

続きを読む »


■結婚式のお供え物~ドュラン

2010 3月 10

バジャウ族の結婚式で供えられていた「ドュラン」は、伝統的なお菓子を盛り合わせたお供え物です。

続きを読む »


■優しい光~Sunset di Tanjung Batu

2010 2月 17

2月14日は、中国正月の元旦&バレンタインデー。

結婚式ラッシュで、キナコは、コタブルッの“バジャウ族”、コタマルドゥの “ドゥスン族”、タンパルリの“カダザン族”の知人&友人の結婚式へ。

続きを読む »