■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 11月 10

サバ州渡航安全情報45 NEW!! 
2016年11月8日付

サバ州は、今月もイベントやセレブレティーの訪問でますます活気に溢れています。11月は、ネオンキラキラのボルネオン・ラン・イベントでは、5000名ものランナーが集り、アフター・ランのイベントでは、K-ポップやアメリカのアーティストのコンサートで大盛り上がりでした。また、サバ州イースト・コーストについてより多くの人々に知ってもらうため、マレーシアのセレブレティーが、サンダカンを訪問しオンライン・キャンペーンを行いました。サバ州は、マレーシアのスリラー映画の他、多くのテレビや映画の撮影のホストしています。

海外からインターナショナルなソシアル・メディアの訪問も多く、現在日本から女性のフード・ファイターがサバ州・コタキナバルを訪れ、シーフードを始め美味しいものをたくさん食べて発信中です。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 9月 15

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:43 NEW!!
2016年9月15日付

この数ヶ月のサバ州はハリ・ラヤのお祭りムードに始まり、KKジャズフェスティバル、リズム・オブ・キナバル(ROK),東海岸側ではサンダカンでのリズム・オブ・リンバ(ROR)などの楽しいイベントが盛りだくさんでした。 サバ州政府観光局は、老人医療協会、東方地域都市計画住宅機構世界大会、800名もの出席者があった北ボルネオ創傷ケア会議などの国際会議をサポートしました。

またUKの士官学校学生達のサンダカン・死の行進のルートを辿る1週間に渡るウォーク、2300名もの乗員乗客を乗せたサン・プリンセス・クルーズを、コタキナバルにお迎えしました。
過去3ヶ月間にサバ州を訪れた海外からのお客様は大きく増加し、1月から6月までの間に155万8千人もの海外&国内からの観光客の方々がサバ州を訪れ、昨年の同じ時期に比べると、3.7%も増えました。

サマーホリデー・シーズンの間は、旅行業界も大変忙しく各ホテルもほぼ連日満室状態が続きました。 今年に入って半年の間、韓国、中国、台湾などから89を数えるチャーター・フライトが飛び、1万1千名の方々がコタキナバルに降り立ちました。チャーター・フライト数は、昨年の同じ時期に比べると、13上回っています。
今月は、新たに春秋航空の深-コタキナバル便が就航します。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2015 11月 19

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory: 37
2015年 11月 19日

Kopivosian and Greetings from Sabah!

 今年も終わりに近づき、サバ州政府観光局は、サバハン(サバ州の人々)、マレーシアン、そしてサバ州と友好的な関係にある近隣諸国及び諸外国の皆様に、様々な問題が起こったこの1年間、ご理解と温かいサポートを頂いた事に感謝を申し上げます。
“Mount Kinabalu Standing Strong” (キナバル山は強く聳え立ち続ける)と言う合言葉の元、サバ州は、全てのビジターを温かくお迎えしながら困難に立ち向かい続けました。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory Update

2014 5月 9

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory26

2014年5月(金)NEW!

 

Selamat Datang and Greetings from Sabah. 

5月は、一ヶ月間に渡り各地で収穫祭が行われるお祭りの季節です。その皮切りとして開催された文化の祭典サバ・フェスには、海外からもたくさんのお客様がお見えになりました。
サバ・フェスでは、テーマを「アキ・ナバル」とし、古代から地元民に崇拝されてきたキナバル山の神秘や伝説、先祖の霊が眠る山と信じ、キナバル山と共に暮らしてきたサバ州のそれぞれの民族の伝統や風習を表現し、好評を博しました。ボボヒザンとボボリアン&タンタガス(それぞれの地区の最高司祭の呼び名)が、サバ州各地から集まり、神聖な儀式を行いました。この儀式は、5月1日から1ヶ月間各地で行われる収穫祭(カダザン族、ドゥスン族&ムルッ族)の幕開けとなるものです。是非、この祝祭に参加してくださいね!

2013年には、338万3千人もの方々をサバ州にお迎えし、国際線での到着数は、約110万名、また国内線での到着数も約230万名と大幅な観光客の増加がありました。
私共は、2014年が更に有益な年になるであろうことを確信しております。

つい最近では、第7回ボルネオ・インターナショナルマラソンが開催され、これまでで最高の7千人あまりの参加者がありました。
16年間連続で開催されている、PADIの最もハイレベルなインストラクター・トレーニングコース~CDTCも、最近コタキナバルにて開催されたばかりで、24カ国からの参加者がありました。

今年のアンザック・デーには、200名余りのオーストラリアンがサンダカンでの式典に参加し、その後東海岸にあるタートル・アイランドや、世界的に有名なセピロック・オランウータン・リハビリテーションセンター、そして野生生物のメッカ・スカウでのリバー・サファリを満喫しました。

ナショナル・ジオグラフィックやディスカバリー・チャンネルなどの撮影が長年に渡って行われているサバ州で、最近では、イギリスの著名な動物・植物学者である、サー・デヴィッド・アッテンボロー氏が、ダヌン・バレーにて撮影を行いました。

サバ州の東海岸遠隔地で最近起きた誘拐事件は、地元住民及び観光客の安全性を保障する為に、更なるセキュリティー強化の必要性を政府に強いる事件です。
政府は、安全対策に真剣に取り組んでおり、サバ州並びに首相を含むマレーシア連邦政府は、サバ州の広大な海域に対して、更なる安全強化施行を発表しました。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Travel Advisory

2013 3月 20

sabah is safe 3rd April
ダウンロード⇒SABAH ADVISORY UPDATE – Wednesday 03 April 2013 @ 09 00hrs

 

⑬4月3日付 09:00am New!!

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

Kopi’vosian and Greeting from Sabah!

サ バ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイ ランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マ ブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。
マ レーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリ ティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通り の業務が行われています。

3月11日(月)の時点で、マレーシア治安部隊は、一ヶ月間に渡り武装した侵入者が占拠した片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村の安全を確保しました。
サバ州警察庁長官ダトゥ・ハムザ・タイブ氏は、タンダウ村の掃討作戦が終了したと述べました。マレーシア軍の基地を成る予定であるタンダウ村以外の村の住民は、家に帰る事ができました。これらの村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っていません。

サバ州政府とサバ州に住む人々は、マレーシア首相が発表した、「サバ州北部クダッ地方から東海岸のサンダカン、ラハダトゥ、センポルナおよび東南部のタワウ地方の全沿岸に沿ったサバ州東部・セキュリティー司令部(ESSCOM)の設立」を歓迎しました。このESSCOMの設立は、隣接する国からの侵入、不法入国並びに密輸を防ぐための有効な措置であり、諸島部を含むサバ州東海岸全域に対する治安対策です。

アメリカ国土安全保障では、侵入及び密輸を防ぐ為、3,169kmに渡る米国とメキシコ間にある国境に軍事的国境警備を布いています。
オーストラリア政府もまた、ADF(オーストラリア国防軍)を持ち、本土オーストラリア周辺海域から、200nm(200海里)までの広域に渡るオースト ラリア海事領域にある遠隔諸島を、不法侵入、海上 テロなどのセキュリティー脅威から保護しています。

サバ州を旅行なさる際には、海外旅行保険への申し込み&購入をなさる事ができます。詳しくは、ご利用の旅行代理店(日本/サバ州)へお問い合わせ下さい。

私共は、各国から発出されている海外渡航勧告の順調な改訂を望み歓迎します。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、住民、ビジター並びに観光客の方々は安全であると述べると同時に、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kasih.

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director Email: irene@sabahtourism.com

***************************************************************

⑬3月20日付 18:00pm  

JPN Travel Advisory 20th March 2013-2

ダウンロード⇒JPN Traveladvisory20th0313

***************************************************************

続きを読む »


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。