■サバ州渡航安全情報~Saabah Advisory

2016 4月 25

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:41 NEW!!
2016年4月25日付

サバ州東海岸では、つい最近二つのイベント~レガッタ・レパそしてアンザックデーが行われ、地元の人々をはじめ多くの海外からのお客様をお迎えしました。

レガッタ・レパは、シパダン島、マブール島、カパライ島などのダイビング・トリップへの玄関口となる港町・センポルナで毎年開催されるお祭りで、海と共に生きるバジャウ族伝統のカラフルなボートが海と空を彩り、多くのビジターで溢れかえりました。アンザックデーは、オーストラリアのカレンダーに記されている戦没者追悼記念日で、毎年サンダカンにて夜明けと共に慰霊祭が行われます。

安全対策更新情報:
サバ州政府は、外国人使用のパンプ・ボート(小さなエンジン付きのアウトリガー・カヤック)の、ESSZONE海域での使用禁止法令を発令する。マーシア人使用のパンプ・ボートは、対象外となり、この法令は来年1月まで厳しく施行される。政府は更に、米国より多目的武装調査ヘリを購入し、東海岸のセキュリティー強化を図る。

サバ州政府保安委員会は、マレーシア海域における無許可の航行を阻止する為、ESSZONE エリア内の貿易港における積み替えを含めた交易活動を、一時的に禁止することを決定した。この決定された法律は、サバ州東海岸地域における違反行為全てに対して施行される。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 4月 18

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:40NEW!!
2016年4月18日付

 

先週の金曜日、フィリピンとサバ州の境界近くの公海にて、インドネシアのタグボート(荷船)の船員10名の内4名が、アブサヤフと思われる武装集団に誘拐されました。残る6名は、マレーシア保安軍により救出され、人道的支援が行われました。サバ州警察局本部長によると、国境境界を越えた犯罪は現在、低速度で航行し進入が容易な荷船をターゲットとする戦術に移行していると考えられます。警察局は、インドネシア保安軍と協力・調整をし、誘拐事件解決の為の捜査を行います。

フィリピンとサバ州の境界がある公海は、サバ州の州都であるコタキナバルから約600km離れた東海岸のセンポルナから、ボートで約3時間の位置にあります。

2016年4月2日、マレーシア海域とフィリピン海域境界線近くのリギタン島近海にて、マレーシア船籍荷船のマレーシア人船員4名が、アブ・サヤフグループと見られる集団に誘拐されました。事件は、サバ州の州都コタキナバルから約600キロ離れた東海岸のセンポルナから、ボートで約3時間かかるセレベス海リギタン島近くの無警戒な公海にて発生しました。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

2016 2月 22

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:38 NEW!!
2016年2月22日付

 Kopivosian and Greetings from Sabah!

今年はサバ州にとっては大変幸運な年です。申年となった今年、サバ州、マレーシアそして世界中のチャイニーズが、2月8日から2月22日までの中国正月を猿と共に祝福し、サバ州の霊長類について多くの方が関心を寄せる事なっているからです。

サバ州に生息する霊長類で世界的に有名なのが、森の人と言う名を持つオランウータン、そして好色なテングザル。他にも地上に降りる事無く一生を樹上で暮らすテナガザルは2種類おり、ニシメガネザルスローロリス、クリイロリーフモンキー、シルバーリーフモンキーやブタオザル、カニクイザルなど固有種を含む珍しい霊長類が多く暮らしています。
サバ州の自然の中で暮らす彼らに、是非会いにいらして下さい。

キナバル公園は、2000年にマレーシア初のユネスコ世界遺産に認定されました。この自然公園には、珍しい動植物が数多く生息しています。
2015年の6月に発生した地震被害により閉鎖されていた登頂登山ルートは、新しくラナウ・ルートが作られ昨年12月1日に登頂登山が再開されました。現在新たにコタブルッ・ルートが作られており、今年4月に開かれる予定です。
この2つの新しいルートは、アメリカ、カナダ及び日本の山岳専門家の協力によって調査・開発され、山岳ガイド、ポーター及び地元村民により作業が行われました。
登山再開の後世界中から続々と登山者がやって来ており、現在は長い順番待ちができている状態です。
続きを読む »


■ボルネオ・ダイバース、ウミガメ保護調査イベント~Borneo Divers’ Celebration of Sea Turtles in Mabul 2015

2015 10月 13

12106891_10153558957080943_5778411757355145759_n

悠々と大海を泳ぐグリーンタートル、サンゴの間で休んでいるタイマイ。
マレーシア、ボルネオ島、サバ州東海岸の海には、ウミガメが多く暮らしています。
しかし、海の汚染や乱獲や事故などでその数は年々減っています。

10410984_620905694685832_5474657661931706538_n  12108952_771859186257148_5335104188649536209_n

海を愛し、ダイビングを愛し、ウミガメを愛するダイバーが集合して、ウミガメ調査に協力し、マブール島の住民や子供たちと一緒に海やビーチを綺麗にするイベントが、
11月9日~12日に開催されます。

続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory Update

2014 5月 9

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory26

2014年5月(金)NEW!

 

Selamat Datang and Greetings from Sabah. 

5月は、一ヶ月間に渡り各地で収穫祭が行われるお祭りの季節です。その皮切りとして開催された文化の祭典サバ・フェスには、海外からもたくさんのお客様がお見えになりました。
サバ・フェスでは、テーマを「アキ・ナバル」とし、古代から地元民に崇拝されてきたキナバル山の神秘や伝説、先祖の霊が眠る山と信じ、キナバル山と共に暮らしてきたサバ州のそれぞれの民族の伝統や風習を表現し、好評を博しました。ボボヒザンとボボリアン&タンタガス(それぞれの地区の最高司祭の呼び名)が、サバ州各地から集まり、神聖な儀式を行いました。この儀式は、5月1日から1ヶ月間各地で行われる収穫祭(カダザン族、ドゥスン族&ムルッ族)の幕開けとなるものです。是非、この祝祭に参加してくださいね!

2013年には、338万3千人もの方々をサバ州にお迎えし、国際線での到着数は、約110万名、また国内線での到着数も約230万名と大幅な観光客の増加がありました。
私共は、2014年が更に有益な年になるであろうことを確信しております。

つい最近では、第7回ボルネオ・インターナショナルマラソンが開催され、これまでで最高の7千人あまりの参加者がありました。
16年間連続で開催されている、PADIの最もハイレベルなインストラクター・トレーニングコース~CDTCも、最近コタキナバルにて開催されたばかりで、24カ国からの参加者がありました。

今年のアンザック・デーには、200名余りのオーストラリアンがサンダカンでの式典に参加し、その後東海岸にあるタートル・アイランドや、世界的に有名なセピロック・オランウータン・リハビリテーションセンター、そして野生生物のメッカ・スカウでのリバー・サファリを満喫しました。

ナショナル・ジオグラフィックやディスカバリー・チャンネルなどの撮影が長年に渡って行われているサバ州で、最近では、イギリスの著名な動物・植物学者である、サー・デヴィッド・アッテンボロー氏が、ダヌン・バレーにて撮影を行いました。

サバ州の東海岸遠隔地で最近起きた誘拐事件は、地元住民及び観光客の安全性を保障する為に、更なるセキュリティー強化の必要性を政府に強いる事件です。
政府は、安全対策に真剣に取り組んでおり、サバ州並びに首相を含むマレーシア連邦政府は、サバ州の広大な海域に対して、更なる安全強化施行を発表しました。
続きを読む »