■ウミガメ保護調査プロジェクト再び!~Borneo Divers’ Celebration of Sea Turtle in Mabul 2016

2016 11月 7

14681692_10154456638165943_1340786538162053303_n

年々数を減らしてゆくアオウミガメやタイマイ・・・。
ボルネオダイバースでは、マレーシア大学サバ校ボルネオ・マリーンリサーチ・インスティテュートと協力し、ボランティア・ダイバーと共に、ウミガメの調査を行っています。
今年は、11月14日~17日、マブール島のボルネオ・ダイバースで開催されます。
続きを読む »


■JTBボルネオゾウ里親プログラム~Borneo Elephants Foster Paraent Program by JTB

2016 4月 22

Feeding

コタキナバル市内から車で約30分~ロッカウィ・ワイルドライフ(動物園)。サバ州野生生物局が管理するこの動物園には、多くの保護されたゾウ(成獣)と孤児になった子ゾウが居ます。
ボルネオ島固有種のボルネオゾウは、世界で一番小さなゾウ。以前は、ピグミー・エレファントと呼ばれていました。パームオイルの需要拡大で、多くの熱帯雨林がアブラヤシ農園となり、ボルネオゾウに限らず多くの野生生物がその棲みかを追われたり、害獣として捕らえられたり、親を失い孤児になったり。

img-413181747
続きを読む »


■ボルネオ・ダイバース、ウミガメ保護調査イベント~Borneo Divers’ Celebration of Sea Turtles in Mabul 2015

2015 10月 26

banner MABUL 8x14_visual (4) (2)

プロフェッショナル・ダイバー、ボランティア・ダイバーが集合して、マレーシア大学サバ校が行うウミガメ調査に協力し、マブール島の住民や子供たちと一緒に海やビーチを綺麗にするイベントが、11月9日~12日、マブール島にて開催されます。

bd2

アオウミガメとタイマイ
年々その数を減らしているウミガメ、その原因はもちろん人間です。

bd3

ウミガメ保護イベントでは、ダイバーチームと調査記録チームに分かれ、
なるべくストレスを与えない形で捕獲したウミガメにフロート(浮き)を付けて海面に上げ、ボートに引き上げて計測記録や、怪我をしていたり釣り糸が巻きついていたりする場合には、治療をしタグ付けをしてなるべく早く海に還します。

現在、以下のプログラム参加者募集中!
海を愛する人、シパダン・マブール島でのダイビングが大好きな人、タフなダイバー、ウミガメLove!な人!
Come and Joint Us!

12122722_771859102923823_2826316146285189900_n

続きを読む »


■セピロック・オランウータン・リハビリテーションセンターPart①ー~Nursery Sepilok Orangutan

2015 8月 4

sa10

サバ州の東部、サンダカンのセピロックにあるオランウータン・リハビリテーションセンターは、ペットにされたり、パーム農園の害獣として親を殺されたり捕らえられたりして孤児になったオランウータンの子供を、森に還って暮らして行ける様に訓練をする施設です。
●以前の記事⇒コチラこちらあちら

オランは、マレー語で「人」、ウータンは、「森」と言う意味~オランウータン=森の人
モンキーではなく、人間に非常に近いエイプ(類人猿)です。

sa5

ごみは、ゴミ箱に。「ここに入れてね!」

続きを読む »