■マブール・ワールド・タートルデー2015~Mabul World Turtle Day 2015

2015 5月 25

t0

赤い矢印の先、刺さっているのは釣り針です。
ウミガメは、人間が捨てるスーパーの袋を大好物のクラゲと間違えて飲み込んでしまったり、ボートのスクリューで傷ついたり魚網や釣り糸で動けなくなって命を落したり・・・。

今年も、サバ州東海岸のダイビングのメッカ~マブール島にて、ワールド・タートルデーにちなんだウミガメの調査&イベントが、開催されました。
調査捕獲は、もちろんできるだけ敏速に行い海に還します。

精鋭のダイバー・チームは、●見つけて押さえる人 ●前ヒレにロープをかける人 ●フロート(浮き)を付け素面に上げる人の担当分けをし、海上チームのボートでは、●ウミガメを引き上げる担当のスキンダイバー ●計測を行う人 ●記録する人 ●必要に応じ血液サンプルを採集する人 ●タグ付けする人 などの担当に分れ作業を行います。

もちろん、魚網や釣り糸が絡んでいたり上記の写真の様に、釣り針が刺さっている場合には、除去します。

t4

ウミガメは、小さなものでもとても力が強く、捕獲の時にも男性が3~4人がかりです。できるだけウミガメに負担を与えないように細心の注意を払います。
ボート上では、目鼻が乾燥しないように濡らしたタオルで頭を覆います。

t6

計測と記録、タグ付けが終わったウミガメは、即座に海に還します。
ウミガメにとっては、迷惑な話です世ね、ごめんね。
続きを読む »


■マリン・ダイビングフェアー2015~Marine Diving Fair 2015

2015 3月 30

Marine Dive

4月3日(金)~5日(日)、池袋サンシャインシティー・コンベンションセンターにて開催。
サバ州のダイブ・サイトを紹介している新しいパンフレットを用意しています。
サバ州ブースC30にて、ラヤン・ラヤンやプラウ・ティガ、マンタナニなどのダイビング情報をゲットしてくださいね!

・ダイブ・リゾート出展社:Pulau Sipadan Resort & Tours Sdn Bhd プラウ・シパダン・リゾート&ツアー

Uツアーのブースもお見逃し無く!


■ボルネオ・ダイバース、ウミガメ保護イベントレポート~Borneo Divers’ Celebration of Sea Turtles in Mabul 3rd-6th Nov

2014 11月 17

u13
今回のプロジェクトのダイブ・チームと調査チーム

11月の3日から6日の4日間に渡り、サバ州東海岸のダイビングのメッカ・マブール島のボルネオ・ダイバースにて、ウミガメの調査が行われました。
4月に、マブール島のアンクル・チャンにて行われた調査に続き、キナコもお手伝いに行って来ました。

u5
YB Datuk Pang Yuk Ming(サバ州観光・文化・環境省)、Datuk Edmund Looh(ボルネオ・ダイバース)、センポルナ地区代表者、サバ州野生生物局、サバ州公園局、WWFなどが参加し、このウミガメ保護のイベント開会式が行われました。

続きを読む »


■ウミガメの里親募集!~Borneo Divers’ Celebration of Sea Turtles In Mabul

2014 10月 29

bcstm

11月3日~7日、サバ州東海岸にあるダイビングのメッカ・マブール島にて、ウミガメ調査&保護のイベントが開催されます。
多くのボランティア・ダイバーが協力し、捕獲・記録後、リリースします。
そのウミガメの里親になってみませんか?
一頭に付きRM200(7000円ぐらい)で、自分の好きな名前を付けて里親証明書がもらえます。

続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory Update

2014 10月 14

サバ州渡航安全情報 Sabah Advisory:30

2014年10月14日 NEW!!

Warm Greetings from Sabah, Malaysian Borneo!
マレーシアン・ボルネオ、サバ州からこんにちは!

サバ州には、30以上の民族による豊かで多様な伝統文化や風習があり、それぞれの民族によるお祝い事やお祭り、そしてイベントが年間を通して行われています。9月や10月も例外ではなく、多くのイベントが開催されました。9月には、ボルネオ・バードフェスティバル及びボルネオ・バードレースが開催され、キナバル山を皮切りにボルネオ縦断1000kmに及ぶ10日間のレース中、400種類以上の鳥類発見記録大会(優勝チームには、ブリスタルヘッド・カップを授与)に6カ国からバーディング・チームが参加しました。

9月16日には、1963年にマラヤ連邦にサバ州、サラワク州そしてシンガポールが加入しマレーシア連邦政府が形成された52周年となる記念日を国中で祝いました。 同月には、イード・アル=アドハー(イスラム教の犠牲祭)とメッカ巡礼の最終日を祝う祝祭日もあり皆休暇を楽しみました。またマレーシア・インターナショナル・ハーレー・オーナーグループラリー(HOG)は、インターナショナルHOGグループと共に、コタキナバルから東海岸のマブール島、美しい港町センポルナ近海のリゾート・アイランドや、クロッカー山脈などをハーレーで巡りました。

第8回キナバル山インターナショナル・クライマソン(山岳レース)は、世界で最も過酷な山岳レースとして知られ、今年も10月18日&19日に開催されますが、世界21カ国から731名の出場が予定されています。

サバ州の州都であるコタキナバルでは、数多くの国際会議や学会が開催されました。第25回アジア薬剤師協会(FAPA)には、23カ国から1,200名が参加し、第45回東アジア地域学校協議会(EARCOS)が再びコタキナバルで開催され、この代表者会議には、800名もの参加がありました。その他にも韓国からRene-Cellのインセンティブ・グループや国際金融グループ、及び第4回インターナショナル・ツーリズムリサーチ会議開催などがありました。

先月には、アメリカ・オレゴン州のポートランド市とコタキナバル市が、姉妹都市(MOU)協定を結び、マレーシアとアメリカの良好な相互関係を約束しました。更に、9月から10月にかけて、オーストラリア、イギリス、韓国、日本、ブルネイ、ロシア、アラブ首長国連邦およびクエートから、多数の政府高官をお迎えしました。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory Update

2014 9月 4

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:29

2014年9月4日 NEW!!

Warm Greetings from Sabah, Malaysian Borneo! 
マレーシアン・ボルネオ、サバ州からこんにちは!

先月8月は、メルデカ・マンス(独立記念月間)でした。

1957年、半島のマラヤ連邦は、英国の植民地支配からの独立を果たしました。ボルネオの姉妹州であるサラワク州は、1963年7月22日に独立し、サバ州は、1963年の8月31日に独立しました。
1963年9月16日、マラヤ連邦にシンガポール、サラワク州及びサバ州が加入し、マレーシア連邦政府が形成されました。その後の1965年8月9日、シンガポールは、シンガポール共和国となるべくマレーシア連邦政府から脱退しました。
以上が、マレーシア連邦政府形成の歴史です。

サバ州がマレーシア連邦に加入し51周年となる9月16日には、コタキナバル中心地にあるパダン・メルデカ(独立記念広場)にて、朝7時からお祝いのパレードが行われます。この独立記念広場は、51年前にサバ州の独立が宣言され祝われた記念すべき場所です。是非、この日を一緒にお祝いしましょう!ハッピー・バースデー・マレーシア!!

8月15日に行われたサンダカン戦没者追悼式には、地元コミュニティー及び学生と共にオーストラリアから約200名の方々が参列しました。オーストラリア高等弁務官HE Rod Smith PSM氏、アメリカ合衆国大使代理 Edgard Kagan氏, イギリス国防省顧問・キャプテンKen Taylor氏、ニュージーランド国防省顧問・キャプテンAlecc Sharif.氏も参列しました。1964年当時、サバ州に駐留していたオーストラリア軍エンジニア(第7部隊)の退役軍人の方も、50周年を記念して参列しました。
続きを読む »


■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory Update

2014 7月 16

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:28

2014年7月16日 NEW!!
サバ州、コタキナバル


Selamat Datang and Greetings from Sabah.

サバ州は、現在イスラム教の神聖な行事である断食月の後半に入りました。

そして新月となるであろう7月28日にはラマダン(断食)が終了し、ハリ・ラヤ・アイディルフィトゥリの祝賀が行われます。
イスラム教の“苦難を追体験する”精神的な浄化の行を終えた後は、家族や友人達と一緒に喜びを分かち合います。

8月には、サンダカン・デー、そして8月31日はマレーシア独立記念日、9月16はマレーシア・デ―の祝賀、そしてボルネオ・バードレース及びボルネオ・バードフェスティバルなどの大きなイベントが開催されます。
また7月と8月は、多くの種類のトロピカル・フルーツが実る楽しみの多い季節となります。

6月には、KK国際映画祭、KKジャズ・フェスティバル、サバ・フォークロア・フェスティバル及びクダッ地方のボルネオ島最北端の岬においてサンセット・ミュージック・フェスティバル、そしてドラゴン・ボートレースなど、多くの賑やかなイベントが開催されました。

5月に開催された第7回ボルネオ・インターナショナルマラソン、16年間連続で開催されているPADIの最もハイレベルなインストラクター・トレーニングコース~CDTCには、地元はもとより世界中から多くの人々が訪れました。イベントに参加するだけではなく、その後東海岸にあるタートル・アイランドや、世界的に有名なセピロック・オランウータン・リハビリテーションセンター、そして野生生物のメッカ・スカウでのリバー・サファリなど、サバ州東海岸の大自然を楽しんで頂きました。

ナショナル・ジオグラフィックやディスカバリー・チャンネルなどの撮影が長年に渡って行われているサバ州で、最近では、イギリスの著名な動物・植物学者である、サー・デヴィッド・アッテンボロー氏が、ダヌン・バレーにて撮影を行いました。

2013年には、338万3千人もの方々をサバ州にお迎えし、国際線での到着数は、約110万名、また国内線での到着数も約230万名と大幅な観光客の増加がありました。そのような成長の中、サバ州ではいくつかの残念な事件が起こっていますが、2014年のプラス成長を確信しております。

昨年11月、ポンポン島のリゾートにて観光客が誘拐され、彼女の夫は殺害されました。
続きを読む »