ミニくまちゃん、標高4095mの世界遺産へ〜マレーシア・ボルネオ島サバ州の旅3

2016 6月 23

マレーシア・サバ州観光大賞2015 メディア部門最優秀海外記事賞受賞者のミニくまちゃんが、再びキナバル山を登りました。
編集者小林昴祐氏の写真もステキです。
続きを読む »


[N]ホテル・グランディス、コタキナバルの中心街にあるショッピングモール直結のキレイなホテル~Hotel Grandis

2016 6月 20

2度目のコタキナバル訪問となるネタフル氏が、5泊6日サバ州の旅で最初と最後に泊まったのは、コタキナバル市街地スリア・サバ・ショッピングモールと合体しているホテル・グランディス
初日は、次の日のキナバル登山に胸をトキメかせながら独り寝、最後の夜は、
続きを読む »


■[N]ネタフル/2年半ぶりにコタキナバルへ!4,000m級のキナバル山登山に挑戦してきます 〜準備編

2016 6月 1

Kota-Kinabalu-f1612
●5月15日~20日、日本の人気 ソシアルメディ・ライター、ライター&エディターが、サバ州の水深15mの海から標高4,095mのキナバル山まで駆け巡りました。
続きを読む »


■ネタフルのコグレマサト氏がテングザルを探しに行った~Masato Kogure meet Proboscis Monkeys!

2014 2月 19

ネタフルのコグレマサト氏の食欲に目を見張っている今日この頃です。笑

“一生分のホタルを見て、胸にその光景をしまい、30分ほどして船は元の場所に戻りました。リバークルーズと聞いて、なんとなく船で自然の中を進むくらいのイメージしか持っていなかったのですが、予想の遥か上を行く興奮が待っていました!”
(ブログより抜粋)

わくわく感が伝わってきますね!

続きを読む »


■ネタフルのコグレマサト氏が、北ボルネオ鉄道に乗った感動長編!~Masato Kogure on Board North Borneo Railway

2013 12月 16

NBR
(写真:コグレマサト)

マレーシア航空 成田―コタキナバル直行便の復活を記念して飛んできてもらった、アルファ・ブロガーのネタフル・コグレマサト氏に、一番体験して欲しかったのが、この「北ボルネオ鉄道」の旅。

「まだまだ乗っていたい!!
と思ったのですが、蒸気機関車はゆっくりと駅のホームに入線していきます。繰り返します、名残惜しすぎる。こんなに充実した列車の旅は、これまでの人生で初めてかもしれません。」 (ネタフル ブログより抜粋

 

slooProImg_20131030185359
(写真:コグレマサト)

まるで自分も一緒に乗っているようなワクワク感!楽しさが!感動が!伝わってきます。

続きを読む »


■魚スープのコンラウ麺(干労麺)~Ko Lo Mi with Sup Ikan

2013 12月 9

干労麺

コンラウ麺は、干労麺と書きます。
漢字ですと何だか「苦労して干しあがっている」様な字面ですが、しとっりとしたとても美味しい麺です。
麺を茹でてソースやネギ油と和えてあり、シンプルな料理故に、各お店によって味や様式も様々。
これは、魚&トマトスープのコンラウ麺。東風シーフード・レストランの名物朝ごはん&ランチメニューです。

続きを読む »


■[N]ネタフル/コグレマサト氏と■ライター熊山准氏がマリマリ文化村に行ったお話し~Masato Kogure & Jun Kumayama at Mari Mari Cultural Village

2013 12月 6

マレーシア航空 成田―コタキナバル直行便の復活を記念して、アルファ・ブロガーのコグレマサト氏と金髪ライターの熊山准氏&ミニくまちゃんにボルネオに飛んで来てもらいました。
お二人一緒に行ってもらった「マリマリ文化村」~それぞれの視点やツボが違っていてとても面白いです。そしてマリマリ文化村での楽しさが伝わってきますよ!読み比べて楽しさ倍増!

ネタフルネタフル

「Mari-Mari Cultural Village(マリマリ文化村)」
サバ州の多民族の文化に触れる → 米の酒造りから首狩族まで【コタキナバル】

slooProImg_20131029134114
(写真:コグレマサト)

ミニくまちゃん熊山准のおブログ

飲んで食って踊って!北ボルネオ先住民族のテーマパーク「マリマリ文化村」だよ

ミニくまちゃん
(写真:熊山准)

続きを読む »