■2月カダイクのお勧め~Sabahan Icons – Framed Pewter

2016 1月 29

Untitled-1

ピューター(Pewter)は、錫(スズ)を主成分とする合金です。

半島マレーシアのスランゴール州は、錫の産地で、ピューター製品は、マレーシアの代表的な工芸品となっています。装飾品やマグカップなどの他に干支や動物などの小さな置物が有名ですが、最近はメタルフィギュアなども多くあります。

今月のカダイクのお勧めは、このピューターを使った壁飾りのフレーム~世界で一番大きな花、“ラフレシア”やバジャウ族の帆船、“レガッタ・レパ”、カダザン・ドゥスン族の背負子“ワキッ”など、サバ州ならではのアイコンをピューターで創り美しい24金メッキが施されています。
続きを読む »


■サバ州収穫祭のご案内~Pesta Kaamatan-Harvest Festival Schedule 2015

2015 5月 13

Pesta Kaamatan

開催日と開催地区は、

続きを読む »


■ホテルの収穫祭月間5月のスペシャルメニュー~Kaamatan Special Menu!

2015 4月 17


Activity Flyers Final

5月は、一ヶ月を通して各地で収穫祭が行われます。
続きを読む »


■伝統食ヒナバ~HINAVAー Traditional native dish for the Kadazan-Dusun people

2015 4月 14

hinava

サバ州の最大民族であるカダザン・ドゥスン族。その伝統食には、「しょっぱく酸っぱい」物が多いです。
農村地域や山の方には、漬物のような保存食や川魚のなれ鮨のようなものもあります。
唯一、海の魚を生で食べる伝統食が、このヒナバ。魚のマリネです。

ヒナバは、Ikan Tenggiri ティンギリと言う魚(鰆の一種)を使いますが、生のエビやイカ、サメで作ることもあります。

続きを読む »


■タガール・ティノピコン・パーク(村の暮らし体験)2~Tagal Tinopikon Park-Part2

2014 10月 15

tagal tinopikon

コタキナバルから車で40分あまり、ピナンパンのモヨッ川沿いにある小さな村でできる半日の村の暮らし体験。
吊橋を渡ると、川沿いにシンプルな東屋がいくつか建っています。
ここが、食事をしたり踊ったり料理を作ったりする「本部」になります。

tg2

キッチンでは、薪やプロパンガスのコンロでどんどんランチの準備が進んでいます。
お椀になるのは、ココナッツの殻~全部違うサイズでいい感じ。

tg3

ジャックフルーツの果肉の周りも野菜として料理します。

tg4

あるだけで絵になるヤカンや鍋。

続きを読む »


■ハッピー・ハーベストフェスティバル収穫祭~Pesta Kaamatan

2013 5月 27

kaamatan kotakinako

コトビアン・タダゥ・タガゾ・ド・カァマタン! 収穫祭おめでとう♪

サバ州の収穫祭は、5月30日(木)&31日(金)~なので今年は土日と合わせると連休になり、たくさんの人が田舎に帰ります。

マレーシアは、半島マレーシア側とボルネオ島側に分かれており、サバ州はボルネオ島の北部に位置しています。
北ボルネオと呼ばれていたサバ州が、マレーシア連邦政府に加入する前は、マレー人(イスラム教)はおらず原住民族と英国領植民地であった名残の白人が多く住んでいました。
原住民族は30以上もあり、そのほとんどが農耕民族でした。

続きを読む »


■ヒナバ~Hinaba

2011 10月 17

32以上あるサバ州の民族を代表するカダザン・ドゥスン族の郷土料理で、珍しく生魚を食べるヒナバは、魚のマリネです。

続きを読む »