■ワールド・マブール・タートルデー2017~World Mabul Turtle Day 2017

2017 3月 1

tj2-2
2010年から始まった、サバ州東海岸・ダイビングのメッカ~マブール島でのウミガメ調査。
今年のマブール・ワールド・タートルデーは、5月8日~11日
マブール島ボルネオ・ダイバースにて行われます。
続きを読む »


■ウミガメ保護調査プロジェクト再び!~Borneo Divers’ Celebration of Sea Turtle in Mabul 2016

2016 11月 7

14681692_10154456638165943_1340786538162053303_n

年々数を減らしてゆくアオウミガメやタイマイ・・・。
ボルネオダイバースでは、マレーシア大学サバ校ボルネオ・マリーンリサーチ・インスティテュートと協力し、ボランティア・ダイバーと共に、ウミガメの調査を行っています。
今年は、11月14日~17日、マブール島のボルネオ・ダイバースで開催されます。
続きを読む »


■ウミガメ調査プロジェクト~Borneo Divers Celebration of Sea Turtles

2016 9月 27

スライドショーには JavaScript が必要です。

ボルネオゾウやオランウータンなどと同じく、その数を年々減らしているウミガメ。
サバ州があるボルネオ島周辺の海域には、animal_umigame_ao.pngアオウミガメanimal_umigame_taimai.pngタイマイが多く生息していますが、乱獲やゴミ(ロープやプラスチックバック、釣り糸や魚網他)に絡まったり飲み込んでしまうことにより死亡、そして海面を行き交う船のスクリューで傷付いたり・・・と、他の生き物達と同じく人間によりその命を落としています。
続きを読む »


■ワールド・マブール・タートルデー2016①~World Mabul Turtle Day 2016 Part1

2016 6月 2

写真 5 (25)

5月3日~8日、マレーシア・ボルネオ島・サバ州東海岸のダイビングのメッカ・マブール島にて、ウミガメ保全のイベントが開催されました。

写真 (1)

マブール島は、東海岸のタワウ空港から陸路で約1時間半、センポルナと言う港町からボートで1時間弱の漁民の島です。世界的に有名なシパダン島から全てのダイブ・リゾートを撤去し、こちらのマブール島にダイビングの拠点が移りました。

フィリピンとの海境に近い為、時々誘拐事件が起こります。 サバ州政府並びにマレーシア政府は、この海域の島々に、海軍、サバ州東部セキュリティー司令部、警察を配備し、24時間厳しい警備を行っています。
島にあるリゾートやダイビングロッジは、欧米やオーストラリア、アジアからのダイバーでいっぱいでした。

日本の外務省は、この地域にレベル3の「渡航中止」勧告を出していますので、渡航の際は、万が一に備えてたびレジへの登録を。この地域に限らず、海外に行かれる際には、登録をおすすめします。 今の世の中、どこでナニが起こるかわかりませんからね。

写真 4 (26)

スピード・ボートで、全員オールバックの髪型になった頃に、マブール島のボルネオ・ダイバースに到着です。
圧倒される青空と青い海。 そして迎えてくれる人達の弾けるような笑顔。
続きを読む »


■ウミガメ調査&保護プロジェクト in マブール島②~Borneo Diver’s Celebration of Sea Turtles in Mabul-Part 2

2016 1月 6

bd3

このプロジェクトでは、マレーシア大学サバ校ボルネオ・マリーンリサーチ・インスティテュートの教授Dr Pushpaが中心となり、研究員や学生、ダイブ・リゾートからはインストラクターやダイブマスター、リゾートのゲスト&ボランティア・ダイバー他、多くの人々が参加して、マブール島海域に生息するウミガメの調査を行います。

bdt3

この海域に生息する主なウミガメは2種類。
これは、ホークスビル・タートル~タイマイです。日本では、近年まで鼈甲細工(べっこうざいく)の為に甲羅が利用されて数が減り、近絶滅種となっています。

bdt2

こちらは、グリーン・タートル~アオウミガメです。
この種は、主に海草を食べその色素が沈着した体の中が緑色なので、グリーン・タートルと言う名が付きました。
続きを読む »


■ウミガメ調査&保護プロジェクト in マブール島①~Borneo Diver’s Celebration of Sea Turtles in Mabul-Part 1

2015 12月 18

bd1

11月、年に2回行われるマブール島、ボルネオ・ダイバースでのウミガメ調査&保護プロジェクトに参加しました。キナコは今回で4回目の参加になります。

bbb

このプロジェクトは、マレーシア大学サバ校ボルネオ・マリーンリサーチ・インスティテュート、ダイブ・リゾート、ボランティア・ダイバーが協力して行っているものです。

bd5

ダイビングのメッカ、サバ州東海岸の島々へ行くスタート地点であるセンポルナ~バジャウ族の人々が多く暮らす港町です。

bd6

観光客用のジェッティー(桟橋)です。
続きを読む »


■11月の主なイベント~Up Coming Events-Nov 2015

2015 11月 2

Balik Kampung School Program11月2日&3日
バリック・カンプン・スクールプログラム 

サバ州立博物館の遺産村にて行われる、小学生~高校生が参加できるバリック・カンプン(田舎に帰ろう!)スクール・プログラムです。学校が休みになる期間、受け継がれている伝統文化を学ぶプログラム。
主催:Sabah Museum
開催場所:Heritage Village, Sabah Museum Complex
お問合せ:Mariana Linggan+60 88 253 199 +60 88 240 230

u411月9日~12日
ボルネオダイバース・セレブレーション・オブ・シータートル in マブール 

 “ボルネオ・ダイバース・シータートル・セレブレーション”イベントは、ダイビングのメッカ、サバ州の東海岸に浮かぶマブール島のボルネオ・ダイバース・マブールリゾートにて開催されます。
ウミガメを愛するダイバー達が大集合! 調査の為のウミガメ捕獲(調査後直ちにリリース)ダイバーチーム、船上での計測記録チームのボランティア・アシスタントを募集中です。
ダイブリゾートを中心に11月9日~12日の4日間開催されるイベントを通して、多くの人々にウミガメの生態や置かれている状況を知ってもらい、ウミガメの減少を食い止める為に人は何ができるか?何をしなければならないか?を共に考えます。
教育・自然科学及び研究分野からは、マレーシア大学サバ校UMS・ボルネオ海洋生物研究所Pushpa Palaniappan博士&チームの強力なサポートを得て、より充実した調査が行われます。

マブール島で行われるこのイベントの大切なポイントは、島民&子供達と環境に関するプレゼンテーションや楽しいゲーム、ビーチ・クリーンアップなどを一緒に協力して行い、環境保全やウミガメの大切さを共に学ぶ事です。
主催:Borneo Divers and Sea Sports (Sabah) Sdn. Bhd.
開催場所:ボルネオ・ダイバース マブールリゾート
お問合せは: Tel : +6 088 – 222226 ,221340 Fax: +6 088 – 221550
email: Information@BorneoDivers.info
サイト: http://www.borneodivers.info/
フェイスブック: http://www.facebook.com/MabulWorldTurtleDay

11096466_386657468186709_5776807667485912832_n11月19日~22日
第2回 世界トイレ会議&エキジビション2015

2回目を迎えるこの世界トイレ会議&エキジビションでは、世界中の建築、デザイン、テクノロジー、環境などの各分野が集い、今後のトイレ産業とトイレ設備の発展について意見やアイディアを出し合います。それぞれの分野のプロフェッショナルが集合し、最新のデザインやテクノロジーを紹介します。
主催者:2nd World Toilet Association World Convention Secretariat
開催場所:Merdeka Town Padang , Kota Kinabalu Sabah
お問合せ:2nd World Toilet Association World Convention Secretariat
+60 88 438 128 +60 88 438 127 info@wtaconvention.com

 
続きを読む »