■ウミガメ保護調査プロジェクトレポート Vol.1

securedownload11

東マレーシア・ボルネオ・サバ州の東海岸沖、ダイビングのメッカ・マブール島で11月6日~9日に開催された、ボルネオダイバース・セレブレーション・オブ・シータートル(長い!)は、ダイビング・リゾート、UMSマレーシア大学サバ校ボルネオ・マリーンリサーチ・インスティテュート他ボランティアダイバー&リサーチャーが協力し、年々減りゆくウミガメの調査を行いました。

securedownload1
ウミガメを捕獲し海面に上げるダイビングチームx.jpg

ボート上で計測記録タグ付け付着物の採取を行うリサーチチームe.jpg

プロジェクト・スタッフの他、多くのボランティアが参加してくれました。ボルネオ・ダイバース・マブールリゾートに滞在中の観光客の方々の中にも、このプロジェクトを知り急遽オブサーバーとして参加してくれた方も多数!

bdt2  bdt3

マブール島、シパダン島海域に生息しているウミガメは、
主にアオウミガメ(左)とタイマイ(右)。

34.jpg

初日は2ダイブで9匹、次の日は3ダイブで16匹をタグ付けしました。

今回の目標は、4日間で60匹のウミガメを調査記録する事。そして、マブール島に暮らす子供達に、海洋生物の大切さや自然環境の保護、ゴミを捨てない習慣などを楽しみながら学習するイベントを行います。

次回は、その様子など🐢

続く・・・

 

10723958_390575641093955_449628600_a

コタキナコ ●Twitter  https://twitter.com/kotakinako
コタキナコ ●Instagram https://www.instagram.com/kotakinako/

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中