■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory

サバ州渡航安全情報45 NEW!! 
2016年11月8日付

サバ州は、今月もイベントやセレブレティーの訪問でますます活気に溢れています。11月は、ネオンキラキラのボルネオン・ラン・イベントでは、5000名ものランナーが集り、アフター・ランのイベントでは、K-ポップやアメリカのアーティストのコンサートで大盛り上がりでした。また、サバ州イースト・コーストについてより多くの人々に知ってもらうため、マレーシアのセレブレティーが、サンダカンを訪問しオンライン・キャンペーンを行いました。サバ州は、マレーシアのスリラー映画の他、多くのテレビや映画の撮影のホストしています。

海外からインターナショナルなソシアル・メディアの訪問も多く、現在日本から女性のフード・ファイターがサバ州・コタキナバルを訪れ、シーフードを始め美味しいものをたくさん食べて発信中です。
今年8月までに、208万8000人を越える海外からの観光客の方々をお迎えしました。これは昨年の同じ時期に比べ5.7%の増加であり、韓国、中国、台湾からのチャーター・フライトにおいては、2万2000名の乗客を乗せて179機のチャーター・フライトがコタキナバルに飛びました。昨年の同時期103機よりも更にチャーターフライトが増加しています。
これから年末年始のホリデー・シーズンに向けてサバ州の旅行業界は、ますます忙しく活気に満ちることでしょう。

今月から、マレーシア航空コタキナバル―ペナンの運航が開始される事も嬉しいニュースです。また、サバ州観光アンバサダーのアーティスト、ゲリー・チャウが、“ライフ・イズ・ビューティフル”と言う素敵なビデオをリリースしました。
サバ州のイベント及びインフォメーションについては、公式サイトをご参照下さい。

安全対策更新情報:
フィリピンとマレーシアの海の国境線は、サバ州東海岸センポルナからボートで3時間の海域にあり、サバ州の州都コタキナバルからは600km離れている。ESSCOM は、アイランド・リゾートの警備強化を再確認。沖合3海里海域における夜7時から朝5時までの夜間航行禁止令は、ESSCOM により制定され施行されている。アイランド・リゾートでは、通常通りの営業が行われている。

ESSCOM (サバ州東部セキュリティー司令部・政府制定の保安と予防措置の為の組織)について
マレーシア政府は、サバ州東海岸(サバ州北部クダッ地方からインドネシア国境近くのタワウ地区まで拡張)地域をサバ州東部セキュリティーゾーンと称し、保安部隊活動の為のサバ州東部セキュリティー司令部ESSCOMを設立しました。

該当地域の道路にチェックポイントを増設し、警察と軍による監視が行われています。フィリピン境界近くの海上パトロールを強化しており、観光客やダイバーの安全を守る為、日の入りから日の出までの夜間航行禁止令を実施しています。リゾートのある島には、武装したマレーシア保安軍が駐留しています。

ESSCOMは、アメリカ国境パトロール、英国国境配備軍、オーストラリア国境配備軍と同様に、マレーシア・サバ州への不法侵入者、テロリスト及び武器の侵入を防ぐ為の監視活動を行っています。これらのテロ防止対策は、マレーシア人並びに観光客の方々を守る為の活動として、マレーシア人及びサバ州の人々に支持されています。

GORDON C. YAPP
General Manager
Email: gordon@sabahtourism.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中