■ウミガメ調査プロジェクト~Borneo Divers Celebration of Sea Turtles

スライドショーには JavaScript が必要です。

ボルネオゾウやオランウータンなどと同じく、その数を年々減らしているウミガメ。
サバ州があるボルネオ島周辺の海域には、animal_umigame_ao.pngアオウミガメanimal_umigame_taimai.pngタイマイが多く生息していますが、乱獲やゴミ(ロープやプラスチックバック、釣り糸や魚網他)に絡まったり飲み込んでしまうことにより死亡、そして海面を行き交う船のスクリューで傷付いたり・・・と、他の生き物達と同じく人間によりその命を落としています。

BDCST17.jpg

このプロジェクトでは、ボルネオ・ダイバースが、マレーシア大学サバ校UMSの海洋研究所に協力し、ダイビング・チーム(ウミガメの捕獲)と、調査記録チームによる調査記録&タグ付けを行っています。ただ調査をするだけではなく、ダイビングをしに海外からやって来たリゾート・ゲストにも協力(有料)を呼びかけ、マブール島に暮らす子供たちを招待し、ウミガメに関する遊びやゲーム、クイズ大会などで、ウミガメが置かれている環境やゴミ問題について楽しく学んでもらいます。

キナコもダイビング・チーム&広報として再び参加する予定です。animal_umigame_taimai.pnganimal_umigame_ao.png

 

コメントは受け付けていません。