■2月カダイクのお勧め~Sabahan Icons – Framed Pewter

Untitled-1

ピューター(Pewter)は、錫(スズ)を主成分とする合金です。

半島マレーシアのスランゴール州は、錫の産地で、ピューター製品は、マレーシアの代表的な工芸品となっています。装飾品やマグカップなどの他に干支や動物などの小さな置物が有名ですが、最近はメタルフィギュアなども多くあります。

今月のカダイクのお勧めは、このピューターを使った壁飾りのフレーム~世界で一番大きな花、“ラフレシア”やバジャウ族の帆船、“レガッタ・レパ”、カダザン・ドゥスン族の背負子“ワキッ”など、サバ州ならではのアイコンをピューターで創り美しい24金メッキが施されています。

本物を持って帰るわけには行かないけれど、旅の思い出がこんな素敵なフレームになってお部屋の小さなアクセントになるって、素敵ですね。

Kadaikuカダイクは、「私のお店」と言う意味です。サバ州で生産された製品を厳選し販売する、観光局直営のスーベニア・ショップです。

・営業時間: 月-金 午前8時~午後5時、土&祝日 午前9時~午後4時、日曜休
・場所
map kadaiku (←クリックすると大きく見られます)

 

 

コメントは受け付けていません。