■1月5日、コタキナバルで発生した詐欺事件報道内容の誤りについて~Correction:Incident News Report

2016年1月5日、コタキナバルにて発生した日本人旅行者に対する詐欺事件について、事実と異なる内容の報道が、地元新聞及びフェイスブック等のSNSでなされました。 警察発表に準ずる報道内容の誤りについて以下に記述します。
尚、事件及び捜査、裁判の経緯詳細は、こちらでの説明と掲載を控えます。

報道内容の誤りについて:
1、被害者の英語理解力の不足により、誤解が生じたとありますが、被害者は英語を十分に理解し中国語も話せます。警察署での最初の被害届けは、被害者本人が英語にてタイプしており、裁判所においての答弁も全て被害者本人が、英語で行いました。

2、新聞に掲載された被害者と警察署長他による全てが合意と和解により解決したとされる写真(下部に添付)は、新聞等に掲載される旨を知らされず、警察署長より「私と一緒に親指を上げて写真を撮りましょう」と言われ撮られた写真です。

3、1月6日の報道で、強奪された現金RM1500, USD65, 日本円1万円が既に被害者に還されたとありますが、1月6日の時点ではまだ返還されておらず、実際は1月8日に還されています。

4、被害届に記入した被害者のプライバシー情報(住所等)が、ネットワーク・ニュース等に掲載され、SNSにて転載及び拡散された為、被害者のプライバシーが侵害されました。

2016年1月8日付 Daily Express

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受け付けていません。