■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory Update

サバ州渡航安全情報 Sabah Advisory:32
2015年6月9日 NEW!!

2015年6月5日午前7時15分、サバ州西部においてマグニチュード5.9の地震が発生しました。
マレーシア気象庁発表によると、震源はラナウから北西16km地点,揺れは北部のクダッ、コタ・マルドゥ、州都及び南部のビューフォートにまで及びました。
サバ州主席大臣は、6月8日を「地震によりキナバル山で犠牲になった18名の方々を追悼する日」とする事を公式に発表しました。

この地震の揺れは、山頂付近の岩や岩石の崩落を引き起こしました。捜索及び救助活動は、マレーシア・レスキュー隊を筆頭に、キナバル公園局レンジャー、地元の山岳ガイドにより行われました。

山頂に向かう登山路は崩壊し、山頂近く7.5km地点の斜面には、138名の登山者とガイドが下山できない状況に置かれました。その時点での山頂付近の状況は、重い雲に覆われ、霧、そして強い風が吹いているという悪天候であった為、ヘリコプターによる救助は断念せざるを得ませんでした。
しかし、山の知識に長け経験豊富な山岳ガイド達が、新たな路を切り開き、取り残された登山者の下山を可能にしました。

サバ州観光・文化・環境大臣は、標高3,273m地点にある山小屋ラバン・ラタ、グンティン・ラガダン及び登山路が復旧されるまで、少なくとも3週間は、キナバル山登山を停止すると発表しました。

サバ州全土の道路は、全て通常通りです。キナバル山関連以外の観光施設及びツアーも通常通り行われています。

先週末には、ボルネオ島の最北端の岬にて、夕陽をバックにサンセット・ミュージックフェスティバルが開かれ、過去最高数の観客の方々が、美しい夕陽と音楽の共演を楽しみました。
今週は、JCI(青年会議所)アジア・パシフィック・カンファレンス(6月11日~14日)が、ホスト・シティーであるコタキナバルで開催され、3,000名以上の青年会議所メンバーがいらっしゃいます。
ドラゴン・ボートレース(FCAS主催 )は、週末の6月13日&14日に開催、カラー・オブ・サンダカンは、6月11日からサンダカンのウォーター・フロントにて。クダッでは6月14日(日)、ワールド・タートルデーの催しが行われます。
6月18日(木)には、サバ州を含め世界中のイスラム教の人々が、夜明けから日の入りまでの間断食をするラマダン・断食月が始まります。この時期、日の入り後に口にする断食明けのご馳走や飲み物を売る屋台が、街のあちらこちらに建ち並びます。

サバ州の治安及びセキュリティーの状況は、世界中のあらゆる都市や町と同様です。
サバ州のオフィス、銀行、商店、ナイト・マーケット、ナイトライフ・エンターテイメントなどは、ESSCOM(サバ州東部・セキュリティー司令部)エリアを含め、通常通りの営業をしています。ESSCOMエリアでは引き続き、夜間(日の入りから日の出まで)航行禁止令が施行されています。


サバ州へのお越しを、心からお待ちしております。

Terima Kasih. Thank you.

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director
SABAH TOURISM BOARD
Email: irene@sabahtourism.com

コメントは受け付けていません。