■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory Update

サバ州渡航安全情報 Sabah Advisory:31
2015年3月2日 NEW!!


マレーシア・ボルネオ・サバ州からこんにちは!

サバ州は、未年の新年を迎え、フェスティバル・イヤー2015がファンファーレと共に始まりました。サバ州の観光業界は、昨年の北アジアからの観光客の減少を踏まえ事業戦略の焦点を速やかにシフトし、観光客の増加率~ヨーロッパ+12.4%、アメリカ+13.7%、日本+18.3%、韓国+7.6%と言う素晴らしい結果を得、全体的な減少を-3.7%に抑えることができました。2014年のサバ州への到着数は、306万5000人、サバ州では第三位の産業となり、サバ州収益は18億ドルに及びました。

1月には、グラハム・マーシュ氏設計による27ホールのステラ・ハーバー・ゴルフコースにて、サバ・マスター・アセアンPGAが開催されました。アセアン各地を始め、韓国、オーストラリア、UK,ドイツなどから100名に及ぶプロフェッショナル・ゴルファーが参加しました。4日間のトーナメントの間、サポーターや観戦者はそれぞれお目当てのゴルファーのエキサイティングなプレイを追い続け楽しみました。そのすぐ後には、アセアン外務大臣の重大会議がコタキナバルにて開催されました。

サバが熱気に包まれた日~ブルネイ出身のポップ・スター “ウー・チュン” が数百名のチャイニーズのファンを引き連れコタキナバルに到着し、太陽サンサンのマヌカン島にてファンとの交流を楽しみました。
北の寒い冬を避けるように、コタキナバルには続々とクルーズ船が到着しています。1月・2月から6月にかけてのスター・クルーズ、来月はオーストラリアのクイーンメリーⅡ、アルカディア、サンプリンセス、パシフィック・ジュエル号などが寄航を予定しています。

今年のサバ州は、200を越えるイベント開催を予定しています。サンダカンで4月25日に行われるアンザック・デーは、100年目を迎え、8月15日に行われるサンダカン・メモリアルデーの式典は、第二次世界大戦終戦70周年の記念日と共に開催され、サンダカン死の行進にて命を落とした軍人を追悼する為に、オーストラリア退役軍人や遺族が式典に参列します。

5月1日は、カダザン・ドゥスン族の収穫祭~ぺスタ・カァマタンが、サバ州各地の村や地区にて一ヶ月に及び開催されます。
5月はまた、サバ州の文化の祭典~サバ・フェス(5月1日-3日)、同じ週の週末には、第8回ボルネオ・インターナショナルマラソン(BIM)が行われ、地元から海外まで数千人の人々が熱帯のマラソンに挑みます。6月は、ボルネオ島の最北端の岬にて開催されるサンセット・ミュージックフェスティバル、続いて人気が定着したKKジャズ・フェスティバルも! 8月には、第10回フォーク・フェスティバルなどなど、たっくさんのイベントを用意しています。イベントの詳しい情報は、http://www.sabahtourism.net/jp/calendar.phpにて。

マレーシア政府は、サバ州東海岸及び海域を管視する為、ESSCOM(サバ州東部・セキュリティー司令部)を設立しました。これは、アメリカやオーストラリアで行われている安全対策と同様のものです。

センポルナ海域では、離島のリゾート・アイランド、ポンポン島に続き、シンガ・マタ・リーフ、およびマブール島で誘拐事件が発生した為、ESSCOMは、ESSZONEエリア指定(サンダカン、キナバタンガン、ラハ・ダトゥ、クナッ、タワウ及びセンポルナ)の海域に、7月19日から、夜7時~朝5時の夜間航行禁止令を制定し、不法侵入者や密輸出入者の管視を行っています。

・東海岸の全てのリゾート・オペレーターは、安全対策を強化し、セキュリティー司令部と緊密な協力のもと滞在するゲストや住民の安全確保に努めています。

・マレーシア内務省及び国防省は、センポルナ地域や東海岸沿岸のダイブ・サイトに対し更なる開示対策資金の追加導入を行いました。

・サンダカン、キナバタンガン、ラハ・ダトゥ、クナッ及びタワウの街や地区(陸地)には、夜間外出禁止令は発令されておりません。

サバ州の治安及びセキュリティーの水準は、世界中のあらゆる都市や町と同様です。
サバ州のオフィス、銀行、商店、ナイト・マーケット、ナイトライフ・エンターテイメントなどは、ESSCOMエリアを含め、通常通りの営業をしています。

 

皆様の2015年が、素晴らしい年になりますように。
Come visit Sabah!

Terima Kasih. Thank you.

 

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director
SABAH TOURISM BOARD
Email: irene@sabahtourism.com

コメントは受け付けていません。