■マレーシア独立記念日―8月31日~Merdeka Day


Flag

8月31日は、マレーシア独立記念日です。1957年にマラヤ連邦として独立しました。
マレーシアの国旗は、国教であるイスラム教の象徴―月と星、そして13の州と首都クアラルンプールを表す赤と白の14本のラインガデザインされています。

Flag
・サバ州・州旗1988年~現在

サバ州は、1963年9月16日にマラヤ連邦に加入(サラワク州、シンガポールと共に)し、マレーシア連邦政府が形成されました。その後シンガポールが独立した為、マレーシアは、13州と成っています。

サバ州の州旗は、イスラム色が全くありませんね。マレーシア連邦に加入後、ボルネオにイスラム教そしてマレー文化が入って来ました。30を超える民族が暮らすサバ州は、6~7割の人々がキリスト教で、その他イスラム教、仏教そしてヒンドゥ教など。

州旗の青い山は、もちろんサバ州の象徴キナバル山。3色の青は、平和、団結、繁栄、’強さや調和を表し、白は純粋と正義、赤は決意と勇気を表しています。

Flag_of_Sabah_(1963-1982).svg
・サバ州・州旗1963年~1988年

Flag_of_Sabah_(1982-1988).svg
・サバ州・州旗1982年~1988年

コメントは停止中です。