■サバ州渡航安全情報~Sabah Advisory Update

サバ州渡航安全情報Sabah Advisory:28

2014年7月16日 NEW!!
サバ州、コタキナバル


Selamat Datang and Greetings from Sabah.

サバ州は、現在イスラム教の神聖な行事である断食月の後半に入りました。

そして新月となるであろう7月28日にはラマダン(断食)が終了し、ハリ・ラヤ・アイディルフィトゥリの祝賀が行われます。
イスラム教の“苦難を追体験する”精神的な浄化の行を終えた後は、家族や友人達と一緒に喜びを分かち合います。

8月には、サンダカン・デー、そして8月31日はマレーシア独立記念日、9月16はマレーシア・デ―の祝賀、そしてボルネオ・バードレース及びボルネオ・バードフェスティバルなどの大きなイベントが開催されます。
また7月と8月は、多くの種類のトロピカル・フルーツが実る楽しみの多い季節となります。

6月には、KK国際映画祭、KKジャズ・フェスティバル、サバ・フォークロア・フェスティバル及びクダッ地方のボルネオ島最北端の岬においてサンセット・ミュージック・フェスティバル、そしてドラゴン・ボートレースなど、多くの賑やかなイベントが開催されました。

5月に開催された第7回ボルネオ・インターナショナルマラソン、16年間連続で開催されているPADIの最もハイレベルなインストラクター・トレーニングコース~CDTCには、地元はもとより世界中から多くの人々が訪れました。イベントに参加するだけではなく、その後東海岸にあるタートル・アイランドや、世界的に有名なセピロック・オランウータン・リハビリテーションセンター、そして野生生物のメッカ・スカウでのリバー・サファリなど、サバ州東海岸の大自然を楽しんで頂きました。

ナショナル・ジオグラフィックやディスカバリー・チャンネルなどの撮影が長年に渡って行われているサバ州で、最近では、イギリスの著名な動物・植物学者である、サー・デヴィッド・アッテンボロー氏が、ダヌン・バレーにて撮影を行いました。

2013年には、338万3千人もの方々をサバ州にお迎えし、国際線での到着数は、約110万名、また国内線での到着数も約230万名と大幅な観光客の増加がありました。そのような成長の中、サバ州ではいくつかの残念な事件が起こっていますが、2014年のプラス成長を確信しております。

昨年11月、ポンポン島のリゾートにて観光客が誘拐され、彼女の夫は殺害されました。

4月には、センポルナのシンガマタ・コーラルリゾートにて観光客の誘拐事件がありました。政府は、全ての島やリゾートに於いてあらゆる手段で更なる安全強化を行っており、東海岸の全てのリゾート・オペレーターは、安全対策を強化し、セキュリティー司令部と緊密な協力のもと滞在するゲストの安全を確保に努めています。

 

マレーシア内務省及び国防省は、センポルナ地域に対し更なる海事対策資金の追加導入を行いました。

7月12日(土)の夜、武装したグループがマブール島に侵入し、警察官一人を殺害し一人を誘拐する事件が発生しました。現在、犯人の追跡及び捜査を行っており、島に滞在する観光客の方々や地元住人の方々の安全保障を確実なものにする為、ESSCOM(サバ州東部セキュリティー司令部)の厳重な監視下に置かれています。

セイル・マレーシアのヨットイベントは、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、オランダ、アメリカなど世界8カ国21隻のヨットが、サバ州の東海岸を含むサバ州の海を航海しており、本日サンダカンに到着し、今後もセンポルナのリゾートを目指して航海を続ける予定です。

サバ州の州都であるコタキナバルは、夏季休暇や冬期休暇の多くのツーリストや国際会議の参加者が行き交い活気に溢れています。

世界遺産であるキナバル・パーク、西側及び東海岸沿岸のダイブ・アイランドリゾート、サンダカンのネイチャー&ワイルドライフ・サンクチュアリから西海岸地方に至るまで、マレーシアはもとより海外からの観光客の方々に年間を通してアトラクションを楽しんで頂けます。

サバ州のビジネスは通常通り行われています。

Terima Kasih. Thank you.

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS

General Manager/Board Director

Email: irene@sabahtourism.com

 

 

コメントは停止中です。