■ボルネオ固有種の共演~Nepenthes Villosa&Coelogyne radioferens

villosa

ボルネオにのみ生息する固有種のウツボカズラと蘭が、偶然にも隣どうしに咲いています。
キナバル山登山途中の標高2.900m付近。


このウツボカズラは、Nepenthes villosa ~ヴィロサと言う名前で、丸々とした張りのある美しい形です。キナバル山とタンブヨコン山の高地に生息しています。

蘭の名は、Coelogyne radioferens~光を浴びると金色に見えるのが特徴です。

参考:
Nepenthes villosaウィキペディア⇒こちら
Coelogyne radioferens画像⇒こちら

コメントは停止中です。