■ラブック・ベイ テングザル・サンクチュアリ~Labuk Bay Proboscis Monkey Sanctuary

Labuk Bay

サバ州の以前の州都であったサンダカンは、野生生物探索の拠点として年々人気が高まっています。
サンダカン空港から車で約1時間のマングローブ湿地帯の中に、テングザルのサンクチュアリ~
Labuk Bay Proboscis Monkey Sanctuaryがあります。

餌付けがあるプラットフォームがAとBの2ヶ所あり、今日は、の方へ。

the_sanctuary_pict03

   r2

テングザル!テングザル!」とわくわくしながらプラットフォームに着くと、
迎えてくれたのは、うとうとしているシルバーリーフモンキーです。

r7

午前11時半から始まるご飯の時間のちょっと前からどんどんテングザルが集まって来ました。
そしてお乳を吸わせながら、お母さんテングザルはむしゃむしゃ。
メスの鼻は、小さめです。


r6

ボスのオスとまだ若いオス。 説教でしょうか?

r8

ベビーブーム? 赤ちゃんを抱えたメスが何頭も。

r9

ボスはボスらしく、立派な体格をしています。

r3

ゲストが集まるオープンエアーのロビーには、シルバーリーフモンキーが、自由に寛いでいます。
ひげもじゃのお母さん。

r5

尻尾が長いですね!

r10

ここでも、うとうとしています。脱力・・・

r11

おまけ:だれのうんち?

・ラブック・ベイ プロボシスモンキーサンクチュアリ http://www.proboscis.cc/

・入場料:大人RM60 子供RM30

・餌付け時間:
プラットフォームA 朝9時半&午後2時半
プラットフォームB 朝11時半&午後4時半

★マレーシア航空 成田-コタキナバル 直行便再開のお知らせ⇒コチラ

コメントは停止中です。