■旅人の木・オウギバショウ~Traveler’s Palm

タビビトノキ

旅人の木~トラヴェラーズ・パームは、扇芭蕉とも呼ばれます。

なんとも美しい姿の木ですね。

何故これが、旅人の木と呼ばれるのでしょうか?


それは、この美しい扇形に広がる葉が、必ず東西に広がっているので、旅人が方向を知る道標にしたと言う説と、
もうひとつ、葉柄にたっぷり溜まっている水で、旅人が喉を潤したと言う説があります。

サバ州のリゾート、道路沿い、民家など、旅人の木を見つけたら、どちらを向いて立っているのか確かめてみてくださいね!

マレーシア航空・成田-コタキナバル直行便再開のお知らせ ⇒コチラ

現在コメントは受け付けていません。