■ボルネオゾウ・レスキューセンター完成~Borneo Elephant Rescue Centre at BES

ボルネオゾウ

BERC

ボルネオ保全トラスト旭川市旭山動物園サラヤ大成建設、、サバ州野生生物局他、多くの企業・団体・個人の協力により建設が進められてきた、ボルネオゾウ・レスキューセンターが完成し、9月19日に開所式が行われます。

●ボルネオゾウ・レスキューセンター建設の経過
http://www.bctj.jp/project/rescue/news_rescue.html#rescue0802

ボルネオの熱帯雨林は、木の伐採やアブラヤシ農地(パームオイル)の拡大のため、急速にその面積を減らしています。


アブラヤシ農地の急速な拡大とともに、動物たちの棲み処や食料はどんどん減り、オランウータンやボルネオゾウは、農地に入ったり民家に近づいたりして害獣として捕らえられたり殺されたりしています。

ボルネオゾウは、世界で一番小さなゾウ・・・と言っても、傷ついたり弱っていたり、親を殺されて残された子ゾウをレスキューし、コタキナバル近郊にあるロッカウイ・ワイルドライフパークまで運んで治療し、また森に還すのはとても大変。そのような移動や輸送の設備さえありません。

そこで、ボルネオゾウが多く生息するキナバタンガン川に近い保護区にレスキューセンターを造ることになったそうです。

このレスキューセンターの開所式に合わせて、「ボルネオの野生生物を守る活動にふれる旅」というツアーが催行されるそうですので、ご紹介します。

●マイチケット・オルタナティブツアー: 野生生物レスキューセンターとオランウータンの吊り橋ワークキャンプ

・詳しくは:http://www.myticket.jp/borneo-BCTJ2013.09

マレーシア航空 成田-コタキナバル 直行便再開のお知らせ⇒コチラ


コメントは停止中です。