■サラマッ・ハリ・ラヤ・アイディルフィトゥリ~ Hari Raya Open House

raya2

マレーシアの国教は、イスラム教。

サバ州は、イスラム教の方よりキリスト教の方が多い州ですが、お互いに祝いあうのが良いところ。

8月10日には、どなたでも(旅行者も)参加できる「オープンハウス」が、リッカース・スポーツコンプレックス(体育館)にて開かれます。
午前10時~午後2時。


服装は、マレーの服でなくても大丈夫ですが、敬意を表してなるべくこましなものを。

詳細は:

ハリラヤ・アイディルフィトゥリ・オープンハウス

イスラム教の断食明けを祝うひと月間は、喜びに包まれます。親族や友人を招いて食事を振舞うオープンハウスの風習を、多くの人々に楽しんで頂くイベントです。女性は、マレーシアの伝統衣装であるバジュ・カバヤやバジュ・クルンを着用し、男性はバジュ・マラユを着用して参加します。ビーフ・レンダン(水牛をココナッツミルクやスパイスで煮込んだもの)やカトゥパッ(パームヤシの葉で包んで調理したもち米)とピーナッツ・ソース,サテやカレー、クッキーやケーキなどが振舞われます。

主催者: Deputy State Secretary Office (Chief Minister’s Department)
お問い合わせ: Paul Isidore
電話: +60 88 420515 / 429072 / 423111
ファックス: +60 88 429240
Email: Paul.isidore@dbkk.sabah.gov.my
会場: Likas Sport Complex

現在コメントは受け付けていません。