■サバ州渡航安全情報~Travel Advisory

sabah is safe 3rd April
ダウンロード⇒SABAH ADVISORY UPDATE – Wednesday 03 April 2013 @ 09 00hrs

 

⑬4月3日付 09:00am New!!

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

Kopi’vosian and Greeting from Sabah!

サ バ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイ ランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マ ブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。
マ レーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリ ティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通り の業務が行われています。

3月11日(月)の時点で、マレーシア治安部隊は、一ヶ月間に渡り武装した侵入者が占拠した片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村の安全を確保しました。
サバ州警察庁長官ダトゥ・ハムザ・タイブ氏は、タンダウ村の掃討作戦が終了したと述べました。マレーシア軍の基地を成る予定であるタンダウ村以外の村の住民は、家に帰る事ができました。これらの村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っていません。

サバ州政府とサバ州に住む人々は、マレーシア首相が発表した、「サバ州北部クダッ地方から東海岸のサンダカン、ラハダトゥ、センポルナおよび東南部のタワウ地方の全沿岸に沿ったサバ州東部・セキュリティー司令部(ESSCOM)の設立」を歓迎しました。このESSCOMの設立は、隣接する国からの侵入、不法入国並びに密輸を防ぐための有効な措置であり、諸島部を含むサバ州東海岸全域に対する治安対策です。

アメリカ国土安全保障では、侵入及び密輸を防ぐ為、3,169kmに渡る米国とメキシコ間にある国境に軍事的国境警備を布いています。
オーストラリア政府もまた、ADF(オーストラリア国防軍)を持ち、本土オーストラリア周辺海域から、200nm(200海里)までの広域に渡るオースト ラリア海事領域にある遠隔諸島を、不法侵入、海上 テロなどのセキュリティー脅威から保護しています。

サバ州を旅行なさる際には、海外旅行保険への申し込み&購入をなさる事ができます。詳しくは、ご利用の旅行代理店(日本/サバ州)へお問い合わせ下さい。

私共は、各国から発出されている海外渡航勧告の順調な改訂を望み歓迎します。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、住民、ビジター並びに観光客の方々は安全であると述べると同時に、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kasih.

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director Email: irene@sabahtourism.com

***************************************************************

⑬3月20日付 18:00pm  

JPN Travel Advisory 20th March 2013-2

ダウンロード⇒JPN Traveladvisory20th0313

***************************************************************

SABAH TRAVEL ADVISORY UPDATE- Wednesday 20 March2013 @ 09 00 hrs

写真左:ダヌンバレー、ボルネオ・レインフォーレストロッジ
写真右:5組の新婚カップル!ポンポン島にて

ダウンロード⇒SABAH TRAVEL ADVISORY UPDATE- Wednesday 20 March2013 @ 09 00 hrs


⑫3月20日付 09:00am

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

Kopi’vosian and Greeting from Sabah!

サ バ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイ ランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マ ブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。
マ レーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリ ティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通り の業務が行われています。

3月11日(月)の時点で、マレーシア治安部隊は、一ヶ月間に渡り武装した侵入者が占拠した片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村の安全を確保しました。
サバ州警察庁長官ダトゥ・ハムザ・タイブ氏は、タンダウ村の掃討作戦が終了したと述べました。

マレーシア治安部隊は、隣接する村~タンジュン・バトゥ村並びにスンガイ・ビリス村の潜伏している可能性のあるいかなる武装者をも掃討する作戦の最終段階を実行中です。
これらの村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っていません。

サバ州政府とサバ州に住む人々は、マレーシア首相が発表した、「サバ州北部クダッ地方から東海岸のサンダカン、ラハダトゥ、センポルナおよび東南部のタワウ地方の全沿岸に沿ったサバ州東部・セキュリティー司令部(ESSCOM)の設立」を歓迎しました。

隣接する国からの侵入、不法入国並びに密輸を防ぐためにタイムリーで有効な措置です。
諸島部を含むサバ州東海岸全域には、警察及び海軍大隊の増強をし治安対策の万全を図っています。

アメリカ国土安全保障では、侵入及び密輸を防ぐ為、3,169kmに渡る米国とメキシコ間にある国境に軍事的国境警備を布いています。
オーストラリア政府もまた、ADF(オーストラリア国防軍)を持ち、本土オーストラリア周辺海域から、200nm(200海里)までの広域に渡るオースト ラリア海事領域にある遠隔諸島~クリスマス島、ココス島、キーリング島、ノーフォーク島、ハード島、マッコーリー島、ロード・ハウ島群を、不法侵入、海上 テロなどのセキュリティー脅威から保護しています。

したがって、サバ州東部・保安司令部(ESSCOM)設立によるサバ州のセキュリティーと安全性の強化により、各国から発出されている海外渡航勧告の順調な改訂を歓迎します。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、住民、ビジター並びに観光客の方々は安全であると述べると同時に、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kasih.
DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director Email: irene@sabahtourism.com

***************************************************************

sabah is safe 18th march jpeg

写真左:サンダカン、イングリッシュ・ティーハウスにてクリケットを楽しむ人々
写真右:カパライ島でカヤック

ダウンロード⇒SABAH ADVISORY UPDATE- Monday 18March2013 @ 1800hours

⑪3月18日付 NEW!!

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

Kopi’vosian and Greeting from Sabah!

サ バ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイ ランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マ ブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。
マ レーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリ ティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通り の業務が行われています。

3月11日(月)の時点で、マレーシア治安部隊は、一ヶ月間に渡り武装した侵入者が占拠した片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村の安全を確保しました。
サバ州警察庁長官ダトゥ・ハムザ・タイブ氏は、タンダウ村の掃討作戦が終了したと述べました。

マレーシア治安部隊は、隣接する村~タンジュン・バトゥ村並びにスンガイ・ビリス村の潜伏している可能性のあるいかなる武装者をも掃討する作戦の最終段階を実行中です。
これらの村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っていません。

サバ州政府とサバ州に住む人々は、マレーシア首相が発表した、「サバ州北部クダッ地方から東海岸のサンダカン、ラハダトゥ、センポルナおよび東南部のタワウ地方の全沿岸に沿ったサバ州東部・セキュリティー司令部(ESSCOM)の設立」を歓迎しました。

隣接する国からの侵入、不法入国並びに密輸を防ぐためにタイムリーで有効な措置です。
諸島部を含むサバ州東海岸全域には、警察及び海軍大隊の増強をし治安対策の万全を図っています。

アメリカ国土安全保障では、侵入及び密輸を防ぐ為、3,169kmに渡る米国とメキシコ間にある国境に軍事的国境警備を布いています。
オーストラリア政府もまた、ADF(オーストラリア国防軍)を持ち、本土オーストラリア周辺海域から、200nm(200海里)までの広域に渡るオースト ラリア海事領域にある遠隔諸島~クリスマス島、ココス島、キーリング島、ノーフォーク島、ハード島、マッコーリー島、ロード・ハウ島群を、不法侵入、海上 テロなどのセキュリティー脅威から保護しています。

したがって、サバ州東部・保安司令部(ESSCOM)設立によるサバ州のセキュリティーと安全性の強化により、各国から発出されている海外渡航勧告の順調な改訂を歓迎します。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、住民、ビジター並びに観光客の方々は安全であると述べると同時に、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kasih.
DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director Email: irene@sabahtourism.com

***************************************************************

sabah is safe 14th march_01

ダウンロード⇒SABAH ADVISORY UPDATE- Thursday 14March2013 @ 20hours IBC

⑩3月14日付 

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

Kopi’vosian and Greeting from Sabah!

サバ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイ ランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マ ブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。
マ レーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリ ティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通り の業務が行われています。

3月11日(月)の時点で、マレーシア治安部隊は、一ヶ月間に渡り武装した侵入者が占拠した片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村の安全を確保しました。
サバ州警察庁長官ダトゥ・ハムザ・タイブ氏は、タンダウ村の掃討作戦が終了したと述べました。

マレーシア治安部隊は、隣接する村~タンジュン・バトゥ村並びにスンガイ・ビリス村の潜伏している可能性のあるいかなる武装者をも掃討する作戦の最終段階を実行中です。
これらの村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っていません。

サバ州政府とサバ州に住む人々は、マレーシア首相が発表した、「サバ州北部クダッ地方から東海岸のサンダカン、ラハダトゥ、センポルナおよび東南部のタワウ地方の全沿岸に沿ったサバ州東部・セキュリティー司令部(ESSCOM)の設立」を歓迎しました。

隣接する国からの侵入、不法入国並びに密輸を防ぐためにタイムリーで有効な措置です。
諸島部を含むサバ州東海岸全域には、警察及び海軍大隊の増強をし治安対策の万全を図っています。

アメリカ国土安全保障では、侵入及び密輸を防ぐ為、3,169kmに渡る米国とメキシコ間にある国境に軍事的国境警備を布いています。
オーストラリア政府もまた、ADF(オーストラリア国防軍)を持ち、本土オーストラリア周辺海域から、200nm(200海里)までの広域に渡るオーストラリア海事領域にある遠隔諸島~クリスマス島、ココス島、キーリング島、ノーフォーク島、ハード島、マッコーリー島、ロード・ハウ島群を、不法侵入、海上テロなどのセキュリティー脅威から保護しています。

したがって、サバ州東部・保安司令部(ESSCOM)設立によるサバ州のセキュリティーと安全性の強化により、各国から発出されている海外渡航勧告の順調な改訂を歓迎します。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、住民、ビジター並びに観光客の方々は安全であると述べると同時に、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kasih.
DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director Email: irene@sabahtourism.com

***************************************************************

sabah is safe 13th march

ダウンロード⇒SABAH ADVISORY UPDATE- Wednesday 13 March2013 @ 18hours. IBC -a1

3月13日付 

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

Kopi’vosian and Greeting from Sabah!

サ バ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイ ランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マ ブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。

マ レーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリ ティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通り の業務が行われています。

3月11日(月)の時点で、マレーシア治安部隊は、一ヶ月間に渡り武装した侵入者が占拠した片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村の安全を確保しました。
サバ州警察庁長官ダトゥ・ハムザ・タイブ氏は、タンダウ村の掃討作戦が終了したと述べました。
マレーシア治安部隊は、隣接する村~タンジュン・バトゥ村並びにスンガイ・ビリス村の潜伏している可能性のあるいかなる武装者をも掃討する作戦の最終段階を実行中です。

これらの村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っていません。

サバ州政府とサバ州に住む人々は、マレーシア首相が発表した、「サバ州北部クダッ地方から東海岸のサンダカン、ラハダトゥ、センポルナおよび東南部のタワウ地方の全沿岸に沿ったサバ州東部・保安司令部(ESSCOM)の設立」を歓迎しました。

隣接する国からの侵入、不法入国並びに密輸を防ぐためにタイムリーで有効な措置です。
諸島部を含むサバ州東海岸全域には、警察及び海軍大隊の増強をし治安対策の万全を図っています。

アメリカ国土安全保障では、侵入及び密輸を防ぐ為3,169kmに渡る米国とメキシコ間にある国境に軍事的国境警備を布いています。

オー ストラリア政府もまた、ADF(オーストラリア国防軍)を持ち、本土オーストラリア周辺海域から、200nm(200海里)までの広域に渡るオーストラリ ア海事領域にある遠隔諸島~クリスマス島、ココス島、キーリング島、ノーフォーク島、ハード島、マッコーリー島、ロード・ハウ島群を、不法侵入、海上テロ などのセキュリティー脅威から保護しています。

したがって、サバ州東部・保安司令部(ESSCOM)設立によるサバ州のセキュリティーと安全性の強化により、各国から発出されている海外渡航勧告の順調な改訂を歓迎します

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、住民、ビジター並びに観光客の方々は安全であると述べると同時に、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kaseh.

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director
SABAH TOURISM BOARD

Email: irene@sabahtourism.com
Website: http://www.sabahtourism.com

***************************************************************

12 march 2013

SABAH TRAVEL ADVISORY UPDATE- Tuesday 12March2013 @ 16.00 hrs IBC

⑧3月12日付 

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。
Kopi’vosian and Greeting from Sabah!

サバ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイ ランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マ ブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。

マ レーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリ ティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通り の業務が行われています。

片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村近辺は、セキュリティー対策の為マレーシア治安 部隊により非常線が張られています。この村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っていません。

サバ州政府とサバ州に住む人々は、マレーシア首相が発表した、「サバ州北部クダッ地方から東海岸のサンダカン、ラハダトゥ、センポルナおよび東南部のタワウ地方の全沿岸に沿ったサバ州東部・セキュリティー・コマンドの設立」を歓迎しました。隣接する国からの侵入、不法入国並びに密輸を防ぐためにタイムリーで有効な措置です。諸島部を含むこれらの地域には、警察、海軍の増強をし治安対策の万全を図り、サバ州東部・セキュリティー・コマンドと共に、サバ州東海岸地域の安全性とセキュリティー対策の国際的な信頼をより高めるよう努めます。
各国から発出されている海外渡航勧告は、徐々に改訂されるでしょう。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、住民、ビジター並びに観光客の方々は安全であると述べると同時に、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kaseh.

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director
SABAH TOURISM BOARD

Email: irene@sabahtourism.com
Website: http://www.sabahtourism.com
********************************************************************
11 3 travel advisory

SABAH TRAVEL ADVISORY UPDATE- Monday 11March2013 @ 12.00 hrs

⑦3月11日付 

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

サバ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイ ランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マ ブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。

マ レーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリ ティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通り の業務が行われています。

諸島部を含むサバ州東海岸沿岸沿い全てに、セキュリティーエリアを設立し安全とセキュリティー強化に万全の対策を嵩じています。

武 装した侵入者に占領された片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村、並びにすぐ近くの村~タンジュン・バトゥ村には、セキュリティー対策の為マレーシア治安 部隊により非常線が張られています。これらの村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っておらず、観光アトラクションは何 も無い為、観光客が訪れる場所ではありません。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、住民、ビジター並びに観光客の方々は安全であると述べると同時に、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kaseh.

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director
SABAH TOURISM BOARD

Email: irene@sabahtourism.com
Website: http://www.sabahtourism.com

***************************************************************

SABAH_ADVISORY_-_Friday_08March2013@13hrs

SABAH_ADVISORY_-_Friday_08March2013@13hrs

⑥3月8日付 

Kopi’vosian and Greetings from Sabah!

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

サバ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイランド・リゾート、リバー&ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。

マレーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させており、今週に入り更にセキュリティー対策を強化しました。国家安全保障会議(NSC)は、これらのアイランド・リゾートへの訪問は禁止されていない事を宣言しており、継続して通常通りの業務が行われています。

昨日、マレーシア・ナジブ首相は、現在問題が起こっている地域の安全性とセキュリティーを自ら確認し保障する為にサバ州に到着しました。
ナジブ首相は、サバ州北部のクダッ地方から南東部のタワウ地方にかけての沿岸部に、どのような侵入をも防ぐスペシャル・セキュリティーエリアの設置を発表しました。

マレーシア政府は、諸島部を含むこれらの地域に、軍隊、警察、海軍から5つの部隊を追加動員し、安全性とセキュリティー強化に万全の対策を嵩じています。

武装した侵入者に占領された片田舎にある海岸近くの村~タンダオ村、並びにすぐ近くの村~タンジュン・バトゥ村には、セキュリティー対策の為マレーシア治安部隊により非常線が張られています。これらの村は、ラハ・ダトゥから150km以上離れた地域にあり観光ルートには入っておらず、観光アトラクションは何も無い為、観光客が訪れる場所ではありません。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、人々に、「通常の暮らしを続けてほしい。」「パニックになること無く、噂を鵜呑みにしないでほしい。」と述べ、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

Thank you. Terima Kaseh.

DATUK IRENE BENGGON CHARURUKS
General Manager/Board Director
SABAH TOURISM BOARD

Email: irene@sabahtourism.com
Website: http://www.sabahtourism.com

*****************************************************************

travel advisory 7th march

Travel advisory 7 march 2013

⑤3月7日付 

Kopi’vosian and Greeting from Sabah.

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

サバ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイランド・リゾート、リバー・ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。
マレーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させています。

2月12日に、“スールー・スルタン王国軍”を名乗る武装したフィリピン・グループが、サバ州東海岸の町ラハ・ダトゥから150km離れた海岸沿い の村・タンダオ村に侵入し占領を続けていたしていたスールー・スルタン王国軍が発砲した為、村を包囲していたマレーシア国家治安部隊が 応戦せざるを得ない状況になり、12名のスールー・スルタン王国軍とマレーシア警察特殊部隊隊員2名が死亡しました。

3月2日土曜日の夜中、センポルナ地方のカンポン・スリ・ジャヤ・シミヌル(水上村)にて、通常の勤務をしていた警察官が、武装グループに待ち伏せされ襲われて、2名が死亡。次の日の日曜の朝、戦闘となり警察官6名、武装グル―プ6名が死亡する事態となりました。
その後の火曜日、警察と軍隊は、タンダオ村を占領している侵入グループに対して攻撃を始め、タンダオ村を空爆しましたが、マレーシア側に死傷者はありませんでした。
警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、「ラハ・ダトゥ、センポルナ、クナッ地方は、武装した軍隊と警察により治安が保たれている為、人々は通常の暮らしを続けてほしい。」「パニックになること無く、噂を鵜呑みにしないでほしい。」と述べ、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

サバ州・州都コタキナバル及び東海岸沿いの町や村、クダッ、サンダカン、ラハ・ダトゥ、センポルナ、タワウなど通常の暮らしが営まれています。夜間外 出禁止令は出ていません。各空港も通常通りに、国内線・国際線共に全てのフライトが運行されています。

Thank you.Terima Kaseh.

サバ州政府観光局・局長
ダトゥ・アイリーン・ベンゴン・チャルルクス

Datuk Iren Benggon Charuruks
General Manager
Sabah Tourism Board

Email:irene@sabahtourism.com
Website: http://www.sabahtourism.com
*******************************************************************

Travel advisory 6th march


④3月6日付 

Kopi’vosian and Greeting from Sabah.

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

サバ州政府観光局は、サバ州東海岸を含む州全体の観光関連業、ホテル、アイランド・リゾート、リバー・ジャングル&マウンテン・ロッジが通常営業を行っていることをお知らせします。また、ダイブサイトとして有名なシパダン、マブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤン、セリンガン(ウミガメ島)などの島々も、ビジターを受け入れています。
マレーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させています。

2月12日に、“スールー・スルタン王国軍”を名乗る武装したフィリピン・グループが、サバ州東海岸の町ラハ・ダトゥから150km離れた海岸沿い の村・タンダオ村に侵入し占領を続けていたしていたスールー・スルタン王国軍が発砲した為、村を包囲していたマレーシア国家治安部隊が 応戦せざるを得ない状況になり、12名のスールー・スルタン王国軍とマレーシア警察特殊部隊隊員2名が死亡しました。

3月2日土曜日の夜中、センポルナ地方のカンポン・スリ・ジャヤ・シミヌル(水上村)にて、通常の勤務をしていた警察官が、武装グループに待ち伏せされ襲われて、2名が死亡。次の日の日曜の朝、戦闘となり警察官6名、武装グル―プ6名が死亡する事態となりました。
その後の火曜日、警察と軍隊は、タンダオ村を占領している侵入グループに対して攻撃を始め、タンダオ村を空襲しましたが、マレーシア側に死傷者はありませんでした。
警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、「ラハ・ダトゥ、センポルナ、クナッ地方は、武装した軍隊と警察により治安が保たれている為、人々は通常の暮らしを続けてほしい。」「パニックになること無く、噂を鵜呑みにしないでほしい。」と述べ、観光客の方々には、「サバ州の旅行は安全であることを保証する。」と述べました。

サバ州・州都コタキナバル及び東海岸沿いの町や村、クダッ、サンダカン、ラハ・ダトゥ、センポルナ、タワウなど通常の暮らしが営まれています。夜間外 出禁止令は出ていません。各空港も通常通りに、国内線・国際線共に全てのフライトが運行されています。

Thank you.Terima Kaseh.

サバ州政府観光局・局長
ダトゥ・アイリーン・ベンゴン・チャルルクス

Datuk Iren Benggon Charuruks
General Manager
Sabah Tourism Board

Email:irene@sabahtourism.com
Website: http://www.sabahtourism.com

*************************************************

sabah is safe_03

③3月4日付

サバ州における観光関連業務は、通常通り行われています。

サバ州政府観光局は、サバ州およびダイビングのメッカであるシパダン、マブール、カパライ、マタキング、ポンポン、パンダナン、ランカヤンなどの島々を含むサバ州東海岸が、安全である事を全世界のパートナー及びビジターの方々に宣言します。
マレーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させています。

2月12日に、“スールー・スルタン王国軍”を名乗る武装したフィリピン・グループが、サバ州東海岸の町ラハ・ダトゥから150km離れた海岸沿いの村・タンダオ村に侵入しました。3週間後、占領を続けていたしていたスールー・スルタン王国軍が発砲した為、村を包囲していたマレーシア国家治安部隊が応戦せざるを得ない状況になり12名のスールー・スルタン王国軍とマレーシア警察特殊部隊隊員2名が死亡しました。

3月2日の夜中、センポルナ地方のカンポン・スリ・ジャヤ・シミヌル(水上村)にて、通常の勤務をしていた警察官が、武装グループに待ち伏せされ襲われて、2名が死亡。
次の日の日曜の朝、戦闘となり警察官6名、武装グル―プ6名が死亡する事態となりました。

警察庁管理観察長官タンスリ・イスマイル・オマール氏は、「現在の治安状況において、住民並びに観光客の方々の安全を保障する。」「ラハ・ダトゥ、センポルナ、クナッ地方のフィリピン武装侵入グループは、治安部隊のコントロール下に置かれている。」と述べました。
「私は、この状況を打開し立場を強くする為に武装グループの参謀総長に電話をかけ、“一層の処置を講ずる準備が整っている事“を伝えた。」
「現在問題が起こっているサバ州3か所の地域の住民は、警察の監視により治安維持が保たれている為、武装勢力については心配をせず、通常の生活を続けてほしい。」と述べました。
「旅行者の方々にも宣言します。サバ州旅行は安全です。」

国家安全保障会議(NSC)事務次官Rodzi Md Saad氏は、サバ州国家安全保障会議は、サバ州のリゾート・アイランド訪問は、禁止されていないと述べました。

サバ州州知事であるDatuk Seri Musa Aman氏もまた、サバ州の安全と治安を保証しています。

サバ州州都コタキナバル及び東海岸沿いの町や村、クダッ、サンダカン、ラハ・ダトゥ、センポルナ、タワウなど通常の暮らしが営まれています。夜間外出禁止令は出ていません。各空港も通常通りで、国内線・国際線共に全てのフライトが運行されています。全ての島々は、観光客の方が安全に訪問&滞在をすることができます。

サバ州政府観光局・局長
ダトゥ・アイリーン・ベンゴン・チャルルクス

Datuk Iren Benggon Charuruks
General Manager
Sabah Tourism Board

Email:irene@sabahtourism.com
Website: http://www.sabahtourism.com

*************************************************

sabah is safe 2 march

SABAH IS SAFE (02Mar2013@ 15hr) IBC

②2013年 3月2日付

サバ州は安全です。通常の暮らしです。

サバ州政府観光局は、サバ州およびダイビングのメッカであるシパダン、マブール、カパライ、マタキング、パンダナン、ランカヤンなどの島々を含むサバ州東海岸が、安全である事を全世界のパートナー及びビジターの方々に宣言します。
マレーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させています。

2月12日に、“スールー・スルタン王国軍”を名乗る武装したフィリピン・グループが、サバ州東海岸の町ラハ・ダトゥから130km離れた海岸沿いの村・タンダオ村に侵入しました。

マレーシア政府とフィリピン政府は、これら侵入者に対して平和的に退去するよう促しましたが、侵入グループは村を占領し続けた為、マレーシア国家治安部隊によりタンダオ村は包囲されました。

3週間後の3月1日、占領していたスールー・スルタン王国軍が発砲した為、村を包囲していたマレーシア国家治安部隊が応戦せざるを得ない状況になり、約30分間の銃撃戦の後、12名のスールー・スルタン王国軍とマレーシア警察特殊部隊隊員2名が死亡しました。

サバ州警察局コミッショナー、ダトゥ・ハムザ・タリブ氏は、「いまだスールー・スルタン王国軍は村を占領しており、マレーシア国家治安部隊は、引き続き警戒に当たっている。できれば平和的に撤退して欲しいが、このまま占領を続けるのであれば、我々の選択枠は一つしかなく、これ以上長引かせる事はできない。」と述べました。

マレーシア首相、ダトゥ・スリ・ナジブ・ラザク氏は、マレーシア国家治安部隊に対して、この事態を収束させる為にあらゆる手段を行使する権限を与えたと述べました。ナジブ・ラザク首相は、今回の銃撃戦で死傷者が出た事、非常に残念であると述べました。

私共は、パートナー及びビジターの皆さまへ、現在占領されている村が旅行者の方が行かれるルートには無いことを保証します。その村及び村の近辺には、観光旅行者が行くような所は無く、殆ど知られていない僻村です。

サバ州州都コタキナバル及び東海岸沿いの町や村、クダッ、サンダカン、ラハ・ダトゥ、センポルナ、タワウなど通常の暮らしが営まれています。夜間外出禁止令は出ていません。全ての島々は、観光客の方が安全に訪問&滞在をすることができます。

サバは安全です。そして、通常通りの生活が営まれています。

サバ州政府観光局・局長
ダトゥ・アイリーン・ベンゴン・チャルルクス

Datuk Iren Benggon Charuruks
General Manager
Sabah Tourism Board

Website: http://www.sabahtourism.com

*******************************************

①2013年 3月1日付

サバ州は安全です。
サバ州政府観光局は、サバ州およびダイビングのメッカであるシパダン、マブール、カパライ、マタキング、パンダナン、ランカヤンなどの島々を含むサバ州東海岸が、安全である事を全世界のパートナー及びビジターの方々に宣言したいと思います。

マレーシア政府は、安全確保のため過去数年間に渡り、これらのダイビングスポットの島々に武装したマレーシア軍を駐留させています。

2月12日に、“スールー・スルタン王国軍”を名乗る武装したフィリピン・グループが、サバ州東海岸の町ラハ・ダトゥから130km離れた海岸沿いの村・タンダオ村に侵入しました。

マレーシア政府とフィリピン政府は、これら侵入者に対して平和的に退去するよう促しましたが、侵入グループは、村を占領しました。マレーシア国家治安部隊は、この村とその周辺に非常線を張り封鎖し、村を占領し潜伏している武装グループにビラを送りました。

木曜日に行われた記者会見において、サバ州警察局・コミッショナーであるダトゥ・ハムザ・タリブ氏は、「侵入グループはビラを受け取ったが、それに対する応答は無い。サバ州警察局及び治安部隊は、十分に事態を把握しており、警察局はサバ州内部保安に努めている。2週間前に侵入した武装グループを包囲している治安部隊は、グループを倒すに十分な武装をしている。」と述べた。

私共は、パートナー及びビジターの皆さまへ、現在占領されている村が旅行者の方が行かれるルートには無いことを保証します。その村及び村の近辺には、観光旅行者が行くような所は無く、殆ど知られていない僻村です。

サバは安全です。そして、通常の暮らしが営まれています。

サバ州政府観光局・局長
ダトゥ・アイリーン・ベンゴン・チャルルクス

Datuk Iren Benggon Charuruks

General Manager
Sabah Tourism Board

Website: http://www.sabahtourism.com

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。