■『北ボルネオ密林-死の行軍六00キロの真実 一兵士の記録』『三人は還った』カダイクにて~”AN END TO A WAR” & “Three Came Home” at Kadaiku

カダイク

サバ州政府観光局直営のスーベニア・ショップ “カダイク”  Kadaiku

カダイクとは、「私のお店」という意味で、サバ州内で生産された良質のお土産品を販売しています。

書籍コーナーには、ボルネオ・サバ州の歴史や野生生物、伝統文化に関する英語の本があります。

その中には日本語に訳されたものもあり、第二次世界大戦中にボルネオで何が起こったのか?を知ることができる、貴重な本です。


・ひとつは、「三人は還った」⇒詳細は、コチラ
日本軍の収容所で戦争を生き抜いた一家の壮絶記録~Three Came Homeです。

・ふたつ目は、昨年出版されたばかりの、
「北ボルネオ密林-死の行軍六00キロの真実 一兵士の記録 AN END TO A WAR」⇒詳細は、コチラ
著者の故・上野氏は、死の行軍にてかろうじて生き残った元一兵士。

現在のマレーシア・ボルネオ・サバ州と、日本の友好的な関係の前には、
このような悲惨な歴史があったということがよくわかる、是非読んでいただきたい2冊です。

★マレーシア航空コタキナバル直行便運航再開のお知らせ→こちら

現在コメントは受け付けていません。