■サラマッ・ハリ・ラヤ~Salamat Hari Raya Aidilfitri

サラマッ・ハリ・ラヤ・アイディルフィトゥリ♪

イスラム教の一ヶ月に及ぶ断食を終えたお祝いである“ハリ・ラヤ”


今年は、8月の19日&20日がハリ・ラヤとなり、21日(火)までが休日となりますが、
観光局インフォメーションカウンターは、通常通り開いており、ツーリスト・アシスタントスタッフが対応しておりますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

コタキナバル市街地地図、パンフレット(日本語あり)など、無料でお持ちいただけます。

To all my Muslim families & friends,
wishing you Selamat Hari Raya Aidilfitri!

4 Responses to ■サラマッ・ハリ・ラヤ~Salamat Hari Raya Aidilfitri

  1. Tsuyoshi Inoue より:

    昨年のハリ・ラヤは、メシラウでゲストハウスを営んでいる方の御親戚方々のお宅を訪ねる機会を得られて、とても楽しくて満腹な日々を過ごしました。とても貴重な体験でした。
    ムスリムでなくても、このお祭り気分は素敵なものですね。今年行けなくて残念ですが、また行きたいです。
    スラマッ・ハリ・ラヤ!

  2. kotakinako より:

    Inoueさん、こんにちは!

    イスラム教でない人も、皆一緒にお祝いするのが、サバ州のいいところ~昨年は楽しい経験をなさったようで、よかったですね!たくさんの人を招いて料理やおやつが振舞われるオープンハウスでは、食べすぎるのが悩みの種ですが、おおらかで平和な雰囲気がいいんですよね。 また是非、この時期にいらしてくださいね。

    テリマカシ~♪

  3. コールアン村の住民 より:

    コタ・キナコさんへ、お久しぶりです。今年は8/1から8/22まで夫婦でサバにいました。約2週間はクンダサン近郊のkpg、コールアンで村長の家に滞在しました。乾期なので村の水道水がないときは、子供たちとメシラウ川でマンデイと洗濯をしたり、村のカダイで一日中、往来する人々と何となくしゃべり、お菓子を食べたりして過ごしました。8/19午後のHari・Raya・Puasaのお祭りは、村長の家で山ほどのご馳走やお菓子を準備し、沢山のムスリムの人々が集まりとてもにぎやかでした。準備にはクリスチャンも手伝っていました。私たちも日本から持参した巻きずしやシチュー・アイヤムをつくって参加し、デイリー・デサ・ススを飲みながらご相伴にあずかりました。1970年に比べ3食を食べる豊かな村の生活に驚いてます。高血圧、胃腸病、糖尿病と成人病で悩んでいる村人も増えています。日本並みですね。旧友である長老たちも、来村するたびに減ってゆき残念です。しかし沢山の孫とかひ孫とかを紹介され、村の人口爆発にまたびっくりしてます。

  4. kotakinako より:

    コールアン村の住民さん、こんにちは。

    素敵なハリラヤを過ごされましたね!
    モスリムの方のご馳走には、甘いもの、高カロリーな食べ物や飲み物が多いので、高血圧や肥満、糖尿病の方がとても多いですが、最近は「ヘルシー志向」も高まってきていますね。

    巻き寿司、喜ばれたでしょうね!

    テリマカシ~♪