■トロピカルフルーツat サンデー・マーケット~Exotic Fruits at Sunday Market

例年9月ごろから今頃まで果物のハイシーズンなのですが、今年は少なめです。
無理に改良したり、旬をずらしたりしないので、天候やご機嫌によってたくさん生ったり、ちょっとだったり。

それでも珍しい熱帯の果物を、市場やタムー(青空市場)、果物屋台などで見つけられます。

一番奥の、緑色のごつごつしたものは、トゲバンレイシ。中に乳酸飲料のような果肉が入っています。

その右と、手前の右にある亀の子たわしがマラカスになったような果物は、ニオイパンノキ。一見固そうなとげとげですが、簡単に割ることができます。中には、クリーミーな果肉が並んでいます。柄を持って、むしゃむしゃ食べると、野生人になった気分!

手間の赤いもじゃもじゃは、ランブータン。皮を押し割って、半透明のツルンとした果肉を食べます。

どれも、ひと癖あって美味しい。

現在コメントは受け付けていません。