■ジャイアント・ガルーパ(タマカイ)~Giant Garouper

 

ハタ科の魚~ジャイアント・ガルーパ(タマカイ)は、サンゴ礁に生息する生き物の中で、最大の魚です。

大きなものは、3m以上にもなります。

キナコは、シパダン島ダイビングで、水深44mのところで視線を感じ、ゆっくり振り向くと2m以上の大きなハタがすぐ後ろに居て「岩壁か?!」と思った事があります。


これは、マレーシア大学サバ校構内にある、
「Marine Research Institute」のアクアリウム。
一般に公開されています。

魚の説明が無かったり、水槽の電灯が消えていたりとアクアリウム設備はしょぼいですが、このジャイアント・ガルーパは、見る価値あり!大きいよ!

Aquarium and Marine Museum
Universiti Malaysia Sabah(UMS) 088-320000 Ext2590
・開館時間:9:30am~12:30pm,2:00pm~4:30pm(水曜日休館)
・入館料:大人RM10,18歳以下の子供RM4(外国人)
・行き方:タクシーがベスト(コタキナバル市内から約15分、約RM20)
・その他:写真撮影可。

余り期待しちゃだめよ!笑

現在コメントは受け付けていません。