■不思議なトイレ~Strange Toilet

トイレ(マレー語でタンダス)の様式は様々です。

これは、カンポン(田舎)の民家のトイレ。和式便器の「金かくし!」が無いタイプです。これじゃあ、どっち向いてしゃがむか迷いますね?
基本的に、ドアに顔を向けてしゃがむそうです。

ここでマンディー(水浴び)もします。


お、ここは珍しく様式ですね。

んんん?何かが違います。さて、何でしょう?

低くっ!笑

4 Responses to ■不思議なトイレ~Strange Toilet

  1. sato より:

    低くないと、フチにのぼってしゃがむにはツライですもんね。
    ドアに顔を向けるとは知りませんでした。ずっと逆だった…。

  2. kotakinako より:

    Satoさん、こんにちは!

    よくご存知で。
    だいぶ洋式トイレに上る人は減っていますが・・・。笑
    ここのトイレは、ピカピカで綺麗でしたよ!
    ドアに顔を向けるのは、「ドアを開けられた時、お尻を見られないように」と言う理由です。わはは

    テリマカシ~♪

  3. kyoko より:

    ワーッ懐かしい!!
    ホームステイ先のママ実家もまさにこの青い感じの和式タイプで、マンディーも一緒でした。 そっくり!!
    タンジュンアルの水上の家で、海にさようなら・・・状態でしたよ。《少し前に引越してしまいましたけどね》
    カンポンの親戚の家は水洗トイレではなく、まだまだこのタイプで~す。

  4. kotakinako より:

    kyokoさん、こんにちは!

    これぞエコ!ですよね。本来は紙も使わないし。これに慣れるとどこでもサバイバルできますね。笑
    タンジュンアルーの水上村(ステラ横)は、ほんとにいいカンポンですね。残して欲しいと思っていたら、あそこは残るようです。

    カンポン・タンダスばんざい!笑

    テリマカシ~♪