■お勧め!オプショナルツアー/キナバル公園@ポーリン温泉キャノピー・ウォークウェイ~Recommend an Optional Tour

世界遺産キナバル公園とポーリン温泉・キャノピーウォークウェイ

[rockyou id=118723438&w=324&h=243]

ユネスコ世界遺産に認定されているキナバル公園~東南アジア最高峰のキナバル山4.095mは、サバ州の最大民族であるカダザン・ドゥスン族の人々に「先祖の霊が眠る山」として崇められている山です。


サバ州の象徴とも言えるこのキナバル山を、自然と触れ合いながら楽しめるこのツアーの例をご紹介しましょう。

朝8時ごろホテルを出発し、山間の村の間を通ってポーリン温泉に向かいます。途中ナバル村で、お土産や果物を買ったり軽食をとります。また、道路わきに並ぶ野菜や果物の市に立ち寄る事もあります。

10時ごろポーリン温泉に着き、まずはキャノピー・ウォークウェイ(樹冠の吊橋)へ。キャノピーの入り口まで、20分ほどトレッキング(登り)します。
高さ40mほどの吊橋を渡りながら、熱帯雨林の樹冠を満喫します。

吊橋の後、露天風呂や足湯を楽しみます。露天風呂に入る場合は、水着の着用が必要です。泉質は、硫黄泉であまり硫黄の匂いはありません。有料の個室風呂もあります。

ポーリン温泉近辺では、世界で一番大きな花~ラフレシアが開花している場合があります。蕾から開花まで9ヶ月余り、開花して1週間で朽ち果ててしまうので、なかなか見ごろの花を見ることは難しいです。

ポーリン温泉を楽しんだ後、近くのレストランで昼食~キナバル山中腹の畑で採れた新鮮な野菜たっぷりの素朴な料理が美味しいです。

昼食後、キナバル公園へ。荘厳な頂上を眺めながらウツボカズラや固有種の蘭、珍しい薬草などがある植物園を散策します。

キナバル公園の後、帰途につきます。
コタキナバル市街地ホテルへの到着は、夕方5時半~6時ごろです。

・持ち物:服装はカジュアル。靴は、軽いトレッキングシューズ、履きなれたスニーカー、スポーツサンダルなど。 雨具。虫除け。カメラ。双眼鏡。水。

・注:高地の為かなり肌寒いので、長袖の羽織るものがあると便利。 

・ツアー申し込みは、当ブログ右にある現地ツアー会社リストへ!サイトをじっくり見比べてお選びください。お泊まりのホテルのコンセルジュやツアー会社カウンターにて現地でのお申し込みも、もちろん可!

・吉本芸人・品川裕さんのブログにある、ポーリン温泉の記事が面白い!さすが!

現在コメントは受け付けていません。