■結婚式のお供え物~ドュラン

バジャウ族の結婚式で供えられていた「ドュラン」は、伝統的なお菓子を盛り合わせたお供え物です。

もち米やタピオカ粉を使った、さまざまな揚げ菓子や蒸し菓子

ずっと置いてあるのに、“アリ”が来ないのが不思議です。

壁や天井に張り巡らされているのは、バジャウ族の伝統工芸の一つであるパッチワークのTipo Serisirです。カラフルで華やか!

可愛いおばあちゃんが、ひとつひとつ説明してくれました。

コタキナバルから北へ約一時間半のところにある街~コタ・ブルッは、バジャゥ族の人々が多く住んでいるカラフルな街です。
毎週日曜日には、タムー(青空市場)が開かれています。

コメントは受け付けていません。