■ボルネオ・アーティスト展2009~Borneo Artist Exhibition 2009

BAE09 Poster1

ボルネオ・アーティスト展2009~今年も開催します!

第3回・ボルネオ・アーティスト展2009~熱帯雨林の宝物マレーシアで2番目に大きな州・サバ州は、ボルネオ島の北部に位置し、30を越える民族、熱帯雨林に棲む多くの野生生物たち、蘭を初めとする様々な植物、世界で一番大きな花~ラフレシア、東南アジア最高峰のキナバル山(世界自然遺産・標高4.095m)、世界でも5本の指に入るダイビングスポットの数々など豊かな自然環境に溢れており、年間を通して世界中から多くの観光客の方々が訪れています。

 

しかしこのサバ州の最大の魅力である自然環境は現在、森林の伐採やアブラヤシ農園の拡張、観光開発などにより、野生生物達の棲家である熱帯雨林の減少が著しく、ボルネオゾウ、オランウータン、テングザル、スマトラサイなど多くの野生動物がその棲み処を追われ、絶滅の危機に瀕しています。

第3回・ボルネオアーティスト展2009では、サバ州で活躍するローカル・アーティストの「熱帯雨林の宝物」をテーマとした絵画を通して、日本の皆様にボルネオ・サバ州の自然環境の魅力を知っていただき、サバ州へのホリデーにお誘いすると共に、ボルネオの自然環境の現状と環境保全活動を紹介します。

今回のボルネオ・アーティスト展には、約30名のサバ州ローカルアーティストが賛同し出品します。サバ州の穏やかな環境と様々な伝統文化の中で育まれた豊かな感性を持つアーティストが描いたピースフルな絵画は、展示と共に販売もいたします。販売代金1点につき5%が、ボルネオ保全トラストに寄付されます。
また、ボルネオ保全トラスト・ジャパンの活動紹介展示と共に、チャリティー・サポートグッズの販売も行います。

ボルネオ・サバ州の素朴でカラフルな絵画に触れながら、人と自然環境の絆を考えてみる又とない機会です。ハイセンスな人々が行き交う表参道~表参道ヒルズ・ギャラリー80『ボルネオ・アーティスト展2009』へ、ぜひいらしてくださいね!

・主催:サバ州政府観光局Sabah Tourism Board
    ボルネオ保全トラスト・ジャパンBorneo Conservation Trust Japan

・協力:サラヤ株式会社、サバ州アーティスト協会、サバ州立アートギャラリー

・開催日:
2009年11月3日(火・祝日)~8日(日)
      12:00pm~19:00pm(最終日は、17:00pmまで)

・開催場所:東京・表参道ヒルズ・ギャラリー80(路面)

現在コメントは受け付けていません。