■コーヒー探検の旅~Coffee Trip to TENOM

h1

コタキナバルから陸路3時間あまり、コーヒーの産地「テノン」にやってきました。3大コーヒーメーカーの一つ「ファッツァイ・コーヒー」發財珈琲です。

h2

古い民家が、珈琲のショールーム「コーヒーハウス」になっています。

h3

頼もしい跡継ぎの、コーヒー・ジュニア

c1

焙煎&挽いたばかりのコーヒー豆をくんくん!アロマ~!
テノンコーヒーの焙煎方法は、ちょっと特徴があります。砂糖と植物油を加えての深煎りです。これで、サバ独特の「コピ!」の風味が出るのですね!

c2

「おいちい~!」
熱いブラックコーヒーが似合いそうな・・・、でも飲んでいるのは、甘くて冷た~い「アイスブレンデッド」・・・コーヒー・シェイクです。

c3

「まあ、美味しいわ!」
濃くのあるテノン・コーヒーは、アイス・コーヒーに最適です。

l1

コーヒーハウスから、5分ほど丘を登ったところに「コーヒー工場」、そしてそのまた上には、新しい宿泊施設「コーヒーロッジ」があります。

l2

木造の可愛いシンプルなロッジ。

l3

木造りの2段ベッドに、ワクワク! 寝心地最高!
このロッジからは、ジャングルトレッキングに行くことができます。

p1

ミスター・テノンコーヒー。發財珈琲の社長~この方の珈琲にかける情熱&探究心はすごい!そして、珈琲の歴史や何やかや・・・の説明が、最高に面白い!

p2

このミスター・テノンコーヒーは、只者ではない! タイチー・マスター(太極拳)でもあるのだ。 ロッジに宿泊した翌日の朝は、タイチーの教えを受けます。

c3

もちろん、美味しいコーヒーを、たくさんいただきました。キナコは、カプチーノに「はーと」をリクエストして描いてもらいました。 本当は「おサル描いて!」って頼んだけど、「それは、無理!」って・・・。笑

10 Responses to ■コーヒー探検の旅~Coffee Trip to TENOM

  1. あーや より:

    キナコさんこんにちは!

    インド系のおじ様、かわいいですね。キナコさんが
    カメラマンだからかわいく撮れるんですよね~。

    テノンは行ってみたいです。でも悪路っぽい気が
    しますが、道は大丈夫ですか?
    ロッジもいい感じです。ジャングルトレッキングして泊まってみたいです。

    焙煎方法も変わっているからちょっとべたつくような
    コーヒー豆になるんですね。納得!

  2. kotakinako より:

    あーやさん、こんにちは!
    このおじ様、以前のコンテンツ「シーク寺院で結婚式」の花嫁の父なのです。とてもお茶目なおじ様で、キナコ大好きです。
    テノン、道はかな~りいいですよ。でも、腰痛ある人は、3時間辛いかもね。良くなったら行ってみてね! 食べ物美味しいんだよ~、テノン。 果樹園や植物園、帰り道には「ムルッ博物館」など、見所多し!
    テリマカシ~♪

  3. ピナイ より:

    はじまして~!!

    自分へのお土産として、スーパーで發財珈琲の豆(ひいてあるの)
    買いました。

    でも、そちらではどうやってコピ淹れられてるんでしょう。
    濃くて、おいし~のっ!!
    ペーパードリップ??
    教えてください!!

  4. kotakinako より:

    ピナイさん、こんにちは!

    その豆は、粉のように細かく挽いてあるタイプですか?
    家で淹れるのだったら、ポットにコーヒー粉(多め)を入れ、そこに沸騰したお湯を注いで、ぐるぐるかき回して、粉がある程度沈殿するまでちょっと待ってカップに注ぐ。
    好みでお砂糖や、コンデンスミルクを。
    テノンコーヒーで、薄めに淹れたのは全然美味しくないので、濃く・濃~くね!笑
    テリマカシ~♪

  5. ピナイ より:

    お返事ありがとうございます!!

    そうそう、粉状です。
    買って半年以上(ヤバイ?!)
    トルココーヒー煮出さないバージョンって感じですね。

    ラハダトゥの中華系コーヒーショップで飲んだコピ最高でした~!
    テノムで飲むコピはも~~~っと美味しいんやろな~。
    今度行ってみよー!!

    ちなみにラハダトゥのその店「雄芯」は、
    レモンティーもスライスレモンいっぱいで甘くて爽やかで最高♪
    あんな店、日本に出来ないか・・・出来ひんやろなぁ~
    ラハダトゥに行く時は必ず寄ります!!他の店開拓出来ひん~
    行ってみて下さい!

  6. kotakinako より:

    ピナイさん、こんにちは!

    買って半年以上・・・熟成されて美味しくなっていることでしょう。
    キナコは今朝、ベトナム・コーヒーと浮気してきました!
    でも明日からまたテノンへ探検に行くので、また美味しいテノンコーヒー飲んできます!
    レモンティーに、分厚いレモン3~4枚入ってると、嬉しくなっちゃいますよね?

    テリマカシ~♪

  7. Nora より:

    Kinakoはん、いつも楽しく拝見してます♪
    3大コーヒーメーカーとは、このFatt Choi の他は、なんというメーカーですか?
    Kopi-O っていうブランドも、そうですか?
    Tenom~Crocker Range は、是非行ってみたいです!

  8. kotakinako より:

    Noraさん、こんにちは!
    いつも見てくださって、ありがとう。

    もういっこCap Kudat(CK)っていう馬のマークのメーカー。もういっこは、なんだったっけなあ?・・・・ちょっと今出てきません。笑
    Kopi-Oは、コーヒーにお砂糖だけ入ったものの通称です。 パックにKopi-Oとなっていたら、お砂糖が入っているパックコーヒーと言うことです。

    面白いですよ!テノン・・・、食べ物美味しいし、植物園もトレッキングも!

    テリマカシ~♪

  9. Nora より:

    ↑ キナコさん、早速のご回答、どうもありがとうございます。

    ハハハ… スーパーで売られているパックにKopi-O って書いてあるのを結構見かけたので、てっきり「手広くやってるメーカーだなぁ」 なんて 勘違いしてました。

    Tea のみならず、Coffee もサバを代表する産品かな。
    Tenom方面へのツアーがもっと多くなれば いいですね。
    (CLOSEしている鉄道も、はよぅ、開通せんかい?!)

  10. kotakinako より:

    Noraさん、こんにちは!

    Tenom Coffeeも、サバを代表する特産品です。

    サバ鉄道・・・、徐々に線路伸びてきていますが、見た感じがんばって作っていますが、たぶん・・・今年は無理でしょう。涙
    もう、どんなに時間かかってもいいから、安全でしっかりした線路&駅舎を造って欲しい・・そんな心境です。 首を長~くして待ってたら、キナコの首は2mぐらい伸びてしまいました。

    テリマカシ~♪