■タピオカせんべい~Keropok Ubi Kayu

ubi
ウビ・カユ??タピオカ芋のことです。
タピオカ・・・、あの半透明の粒々が「タピオカ」だと思ってる方がとても多いと思いますが、タピオカは、「いも」ですよ「芋」。

その芋の澱粉を、せんべいにしたのが、「コロポッ・ウビ・カユ」
所々に、あまり辛くないチリ(唐辛子)の断片が入っていて、あまり塩辛くない適度な塩加減で、微かにガーリックの香りもあって・・・・美味しいのよ!

シーフード・レストランでの突き出しに、ピーナッツやパパイヤのピクルスなどと一緒に出されることもあります。 おやつやおつまみにぴったりな、3cm丸ぐらいの可愛いスナック!

スーパー・マーケット、食料品店、雑貨屋さん!、食堂のレジ近く、ガソリンスタンドなどで、他の地元スナック類と一緒に並んで売られています。 一袋RM1~RM1.5。

軽いし、安いし、そんなに簡単に割れないので、お土産にもいいかも!

3 Responses to ■タピオカせんべい~Keropok Ubi Kayu

  1. SEENA より:

    キャッサバ芋から作ったでん粉が、タピオカですよね!
    私は、キャッサバは好きなんですが、タピオカで作ったあの粒粒は苦手です。

    今度、おせんべい、買います。
    先日、おいしそうなエビせんべいを買おうとおもったら、
    RM10といわれて、ショックでした。
    断念しました。
    かわりに、タピオカせんべいですね!

  2. kotakinako より:

    Seenaさん、こんにちは!
    キャッサバ・・・別名マニオク、マニホット、タピオカ。 サバ州では、ウビ・カユまたは、タピオカと呼ばれています。
    某国では、かの有名な“うまみ調味料”の原料にもなってますね!
    エビ煎餅や魚煎餅・・・揚げてないのを買って、自分で揚げて食べるのも楽しいですよ! ブワ~ッ!っと、でっかくなってね!

  3. SEENA より:

    自宅で揚げて食べるとおいしそうですね!
    でも、我が家には油をおいてないんです。
    いちおうダイエットの兼ねて・・・・

    キャッサバもタピオカも、言葉の違いだったんですね。
    私はてっきり、つぶつぶになったものをタピオカというのだと思ってました。
    スリランカでは、マニオクと呼ばれてました。