■プルメリア・・・私にキスして!~Plumeria

pm3pm2pm1
(写真をクリックすると、大きく見られます。)
熱帯の花~プルメリア、夾竹桃(キョウチクイトウ)そしてまたテンプル・ツリーと言う英名を持っています。 お寺に植えられることが、多いからなのですね!

プルメリアといえば、“ハワイ”のイメージですが、ここ東マレーシア・ボルネオ・サバ州でも「そこここ」に花を咲かせています。 この花は、ちょっとジャスミンに似た爽やかな芳香を漂わせているんですよ。

街路樹や、公園、そして先に述べたお寺などに多く植えられていますが、サバ州に住む華僑の方々も、好んでプルメリアの鉢植えを育てています。ちょっと盆栽に近い“ノリ”で、枝ぶりや花の付き方に気を配っているようです。 

プルメリアには、基本的に白や桃色そして黄色があります。 髪飾りになったり、リゾートの食卓を彩ったり、ホテルやスパなどで、水に浮かんでゲストを歓迎したり・・・、エキゾチックで可愛らしいこの花は、とても愛されています。

プルメリアの花言葉は、「情熱」「恵まれた人」「気品」なのだそう~サバでのプルメリアの花言葉は、
Kiss me please・・・私にキスして!・・・・おおううぅ!情熱的だあ!ウギュ~♪

 

 

現在コメントは受け付けていません。